FC2ブログ

記事一覧

勝連城③ ~「肝高の阿麻和利」天下統一の夢~

阿麻和利の話の続き。

琉球王朝の正史には次のように伝わります。「1458年8月、王命として護佐丸を包囲し自刃させた阿麻和利であったが、宿敵を討った阿麻和利自身が天下統一を目指し、王府に対し謀叛を企て、首里を攻める準備を進めた。このとき妻の百度踏揚(百十踏揚)は従臣の鬼大城(おにうふぐすく)とともに夫の許を逃れ、首里にたどり着いた(踏揚の父は国王尚泰久)。これにより阿麻和利の叛意は王府の知るところとなり、やがて鬼大城率いる王府軍に滅ぼされた」・・・と。

琉球王になる野心を抱いた阿麻和利が、邪魔者である王府の忠臣護佐丸を殺し、返す刀で首里を攻めようした。しかし計画が露見し、今度は逆に首里に攻め滅ぼされた・・・王府側の記録ではこのように記されています。しかし他方、勝連地域では別の人物像が伝わります。そのことを示すものとして、沖縄の古謡「おもろさうし」には、次のように謡われています

一 かつれんわ なおにきや たとゑる
   やまとの かまくらに たとゑる
又 きむたかは なおにきや
  (勝連は、なんにたとえようか、京都や鎌倉にたとえる
   又 気高き勝連は、なんにたとえよう

一 かつれんの あまわり
   とひやくさ ちよわれ
又 きむたかの あまわり
又 かつれんと にせて
又 きむたかと にせて
  (勝連の阿麻和利、千年も万年もこの国を治めよ、
   又 気高き按司阿麻和利よ 又 勝連にふさわしく
   又 きむたかの名にふさわしく


「肝高(きむたか)」とは「心豊か」「気高い」などを意味し、高い生活文化を称えた勝連および勝連城の美称でもあります。前回私が命名した「反逆のカリスマ」こと阿麻和利ですが、この「肝高の阿麻和利」こそが最もふさわしい通り名であるかもしれません。



P4100360s.jpg
城内にも「肝高」の名がついているところがあります。それがここ「肝高の御嶽」。

神人と呼ばれる女性祭司を中心に行われる、王国時代から続く「ウマチー」という年中行事の拝所です。旧暦二月と三月に「麦」、五月と六月には「稲」の、それぞれ初穂や豊作を祈ります。
御嶽の近くには、神人たちが腰掛けたと言われる石列(トゥヌムゥトゥ)があります。以前は、ウマチーの際に神人たちの前で若者が「イユコーイミソーリー(魚を買って下さい)」と呼びかけて回ったといわれています。



Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: