FC2ブログ

記事一覧

勝連城② ~忠臣と反逆のカリスマ~

阿麻和利の話の続き。

第一尚氏は三山統一を実現したものの政情は不安定でした。力を増していた阿麻和利を政略結婚で王家に取り込もうとしたのも政情安定のためです。そんな中「護佐丸・阿麻和利の乱」が起こります。

かつて若き日に中山王の北山征伐軍に加わり先陣を切った軍団長・護佐丸(今帰仁城の項参照)は、第一尚氏王統建国の功臣として北山守護職を任じられたのち座喜味城に移され、海外交易で黎明期の第一尚氏王統の安定を経済的にも支えました。

勝連城を根拠地とする茂知附按司が勢力を拡大すると、尚巴志は1430年、中城の地領を護佐丸に与え、築城を命じた。さらに息子の尚布里を江洲、尚泰久を越来に置き、勝連を牽制した。護佐丸は、与勝半島を指呼に望む中城城の改築にかかり、1440年、尚忠が第3代国王となると、王命で同年に完成した中城城に居城を移した。

阿麻和利が茂知附按司を滅ぼし、対外交易で実力を蓄えた。1454年、王位継承権をめぐる王族の内乱「志魯・布里の乱」が起きて尚布里が失脚、尚泰久が第6代国王として首里に入ると、勝連城の阿麻和利の掣肘は護佐丸の双肩にかかった。護佐丸の娘を正室としていた尚泰久王は、長女百度踏揚を阿麻和利に降嫁させ、護佐丸・阿麻和利の有力按司との姻戚関係を後ろ盾に、内乱で失墜した王権の復興を図った。

しかし1458年8月、「護佐丸・阿麻和利の乱」が勃発した。王府史書によると、阿麻和利に対抗するため護佐丸が兵馬を整え、これを阿麻和利が護佐丸に謀反の動きがあると王府に讒言。尚泰久王が阿麻和利を総大将に任じ、中城城を包囲すると、王府軍と聞いた護佐丸は反撃せず、妻子とともに自害した。 (wiki参照)


ただしこの事件については様々な説があり、真相は不明となっています(後半に記載)。



P4100278.jpg
ウタミシガー

「ウタミシ」はお試し、「カー(ガー)」とは泉を意味する沖縄の言葉で、旧暦元旦の初拝の際に、水の量によって一年の豊作・凶作を占うことから、「ウタミシガー」という名前が付いたと伝えられています。この泉の水量が豊富にあるときは「サーイ年(不作の年)」、水が少ないときは「ユガフーの年(豊作の年)」と言われています。


水が少ないほうが豊作というのが独特ですね。覗いてみたら水はそこそこ満ちていましたが、つい数時間前まで激しい雨が降っていたので占いの範囲外でしょうか。そもそも元旦ではないですけれど。



P4100284.jpg
ミートゥガー

かつてこの泉が、男女の逢瀬の場であったという伝説から「縁結びのカー(泉)」と伝えられています。女性が自由な行動を制限された時代でも、水汲みは外出できる口実になりえたのでしょう。一方で「この泉のそばで恋物語をするな」という言い伝えもあります。ここで結ばれた男女が別れると、どちらかに不幸が起きると信じられていたからです。泉は命の源であり、聖域であることから、困難があっても添い遂げよという教えなのかもしれません。




P4100279s.jpg P4100281s.jpg
それぞれの説明板イラスト



P4100373.jpg
美しい光景

これまで見てきた四の曲輪は城内で最も広い曲輪で、五箇所の泉があり、泉を守るように城壁が巡っています。城壁の南側には南風原御門、北側には西原御門があり、両門の跡と門に続く石畳道が確認できます。また、2014年の調査で、二の曲輪の舎殿と同様の建物跡がここで見つかりました。

それでは上に登ります。



P4100288.jpg
現在の右旋回の階段は途中木製階段が整備されているので歩きやすくなっています。観光客の利便を図るとともに、遺構保全の意味合いもあるのでしょう。木製階段の下にある本来の石畳は全体に傾斜がかけられており、登りにくくなっています。



P4100289.jpg
眼下の四の曲輪の光景。先に広がるのは中城湾方面で、かつてはこちら側が城の正面側だったそうです。
左手の小高い地形が東の曲輪。



P4100368.jpg
登り切ったところで振り返って。四の曲輪の西原御門跡や城下の休憩所が見えます。さらに奥には金武湾が広がり、沖縄の観光スポットの一つでもある海中道路まで望めます。半島の両側の湾を眺めることができる絶好のスポットで、これだけ眺めがいいということはすなわちそれだけ交通の要衝を抑えているということを意味します。



P4100290.jpg
三の曲輪城門(四脚門)

右旋回の階段から三の曲輪城門にかけての防御は極めて堅く、かつて押し寄せた王府の大軍を三日三晩もの間この場所でしのいだという話も伝わっているほどです。



P4100299.jpg 
P4100300.jpg P4100301.jpg

四の曲輪から細く長い石畳道を上りつめたところに、かつて内郭の門がありました。発掘調査したところ、礎石と壁には“ほぞ穴”と考えられる、四箇所のくぼみが確認されました。このことから三の曲輪城門は、四本の柱で屋根を支える四脚門(薬医門)であったと考えられています。薬医門は、東京大学の通称“赤門”(正式名称:旧加賀屋敷御守殿門/国指定重要文化財)が有名ですが、16世紀以降の寺の門にも多く見られる構造です。


門の構造は理解できましたが、東大の赤門を例に出すのが少々唐突感があります(笑)



P4100298.jpg
三の曲輪

四の曲輪から続く長い石畳道を上り、かつてあった四本柱の門跡を抜けると三の曲輪が広がります。三の曲輪の広い空間は、政治的な儀式などが行われていたと考えられています。かつては、多くの配下の者を前に、様々な指示を出す按司の姿が見られたことでしょう。発掘調査では、石積みを何回か修復したことや、石積み以前には柵列があったことなど、沖縄のグスクの歴史を知る上で、重要な発見がありました。




P4100293.jpg
眺めは最高

沖縄のグスクの石積みは、大きく分けて三種類の積み方があります。自然石を大まかに加工して積んだ「野面積み」、四角い切石を水平に積み上げた「布積み」、多角形の石を亀甲型に積んだ「相方積み」があり、野面積み→布積み→相方積みと発達したと考えられています。勝連城の石積みは、そのほとんどが「布積み」で積まれています。また、鈎状に組むことで、強度を増した工夫も見られます。


 

P4100294.jpg P4100295.jpg
石積みは本土の近世城郭のような反りのある高石垣ではなく、ほぼ垂直な城壁のため、危険度はMAX。
突端まで進出するのはいつも以上に不推奨。高所恐怖症の人はのぞき込むことすら困難かもしれません。



P4100296.jpg
城壁の強力さを肌で感じるには突端まで進むのが一番なのですが、ここもそのうち柵でも設置されてしまうんでしょうかねえ・・・



P4100363.jpg
すごい光景ですね。西洋の石の城のようにも見えるし、東南アジアの遺跡のようにも見えます。

このまま城壁伝いに登っていきたい気持ちを抑えて、三の曲輪内を見て回ります。



P4100364sa.jpg
現在地はココ(現地説明板より)



P4100366.jpg
説明板の図によるとこのあたりから埋葬人骨が発掘されたようです。人骨はグスク時代の幼児のもので、折り曲がった状態で葬られていました。なぜ城壁に接して葬られていたのでしょうか。



P4100302.jpg
トゥヌムトゥ(神人の腰掛け)

ここに並べられている石はトゥヌムトゥと呼ばれ、旧暦2月と5月に行われる祭祀(ウマチー)の時に神人(カミンチュ)たちが腰掛けるもの。いつのころから置かれたかは不明ですが、整備にあたっては動かさずそのままの状態で置かれています。


さて、冒頭で触れた護佐丸・阿麻和利の乱についてですが、近年では再評価が進んでいます

護佐丸・阿麻和利の乱の経緯については、琉球王国の最初の正史である中山世鑑に記述がなく(欠本とも伝えられる)、中山世譜などの史書が護佐丸の末裔が繁栄した時代に編纂されていること、尚泰久王が警戒していた阿麻和利の讒訴を信じたこと、護佐丸が阿麻和利の謀略と看破しながら王に申し開きせずに自害したこと、阿麻和利が勝連に伝わるおもろで名君と讃えられていること、護佐丸の忠義が阿麻和利の乱で証明されたにもかかわらず、尚泰久王の正室の男児2人が王位を継承できず追放されたことなど、不可解な点がある。
このため近年は、護佐丸が実際に反逆者であったとする説、2つの内乱が有力按司の排除を意図した金丸(尚円)の謀略であるとする説など、「忠臣護佐丸・逆臣阿麻和利」という構図の再評価が進んでいる。 (wiki参照)


このように様々な考証がなされているところですが、タイトルでは「老忠臣・護佐丸」の立場でいかせてもらいました。同時に、琉球王府に反逆した阿麻和利についても単なる悪者ではなく、勝連に繁栄をもたらした名君で、なおかつ王家に匹敵するカリスマを持ったヒーローであったという立場をとりました。「反逆のカリスマ」とはそういうニュアンスということで。K1の魔裟斗じゃないよ(笑)


その③へ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: