FC2ブログ

記事一覧

安宅本城 ~熊野水軍の里~

またまた案内板「安宅荘を歩く」より


PA070542ss.jpg
大野城勝山城古武之関城八幡山城などの城砦群の中央に位置するのが安宅本城
その名のとおり安宅氏の本城として、安宅荘の中央に構えられています。



PA070546.jpg
案内表示も出ています

安宅本城は享禄年間(1528~32)、紀伊水道を抑える熊野水軍の頭目として活躍した安宅河内守により築城されたと伝わります。安宅氏は小笠原長清を祖とし、阿波からこの地に移ってきたとする説が一般的です。阿波の三好氏、讃岐の十河氏は同族であるといいます。



PA070548.jpg
安宅本城

写真中央から左右に分かれる民家二区画部分が本城中心であるようです。本城といっても平時の居館であるので、要害性はほとんどありません。防衛に関しては周囲の支城群がその役割を持っています。民家の周りに石垣や周囲より低い田が見受けられますが、これらはかつての城の名残であるようです。
この周囲一帯は「城の内」と呼ばれ、本城南側の集落一帯は武家屋敷跡とされ、川に面した南端には湊があったといわれています。



=============================================
所在:和歌山県西牟婁郡白浜町安宅
評価:★☆

山に囲まれた長閑な里という印象も、熊野水軍の拠点地としてあらためて見回すと、周囲の山も急に威圧感を増したように思えます(笑)。この地を拠点にして湊を整備し、紀伊水道の海上交通を掌握した安宅氏の勢力はかなりのものであったことでしょう。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: