FC2ブログ

記事一覧

本州最南端 潮岬

橋杭岩を出発し、本州最南端の地・潮岬へ。
北海道で突端2点(納沙布岬白神岬)を制したことにより、日本の突端を制覇しようという意識が高まったことは白神岬の項目で述べたとおりです。
(再掲参照サイト→「日本走破 本土突端16岬」)

潮岬は地形的には陸繋島であり、本州とは串本町の中心街が位置する砂州で結ばれています。岬へ向かうには東と西の二つの入口があり、西入口の信号から入るほうが若干近いようですが、今回は東入口から入り周回コースをとることにしました。くしもと大橋の前を通過する東側ルートは景色もいいのでおすすめ。



PA070491.jpg PA070492.jpg
潮岬到着。観光地なだけあり、広い無料駐車場が整備され、巨大な展望台「潮岬観光タワー」がそびえます。入場料金が300円かかり、時間もないので入場はしませんでしたが、本州最南端訪問証明書付きで300円ならお手軽と思います。次に来る時があれば入場してみよう。それまでこの建物残っているかな・・・



PA070496.jpg PA070497s.jpg
昔からの観光地ですが、近年は特に観光客向けに周辺整備が進んでいます。
潮岬の先端に広がる「望楼の芝」は広さ約10万㎡にも及ぶそうです。

芝生の先にはこじんまりとした「潮風の休憩所」があります。潮岬休憩所の老朽化に伴い環境省が和歌山県に設計工事を委託して、2014年にオープンした入場無料の新施設。



PA070505.jpg PA070506.jpg
施設内には簡単な展示室があり、中でも「木曜島と串本町の物語」は興味深く見学できました。オーストラリアヨーク岬先端にある「木曜島」周辺海域で、世界一危険な職業とも言われた潜水による白蝶貝採取に携わった人たちの記録です。

このほか「しんかい6500」や地球深部探査船「ちきゅう」のミニチュア模型も展示されています。



PA070509.jpg
施設を出るとすぐに展望デッキへ



PA070510.jpg
潮岬南端・クレ崎

周辺は隆起海食台地で、海岸部は40mを越す海食崖という。



PA070512.jpg
本日天気晴朗なれども波高し



PA070511s.jpg
沖を航行する船



PA070514.jpg
本州最南端の碑をいただきました

これにて満足



PA070516.jpg
追記:岬の南西部には「日本の灯台50選」にも選ばれている潮岬灯台が立つが、その駐車場はなぜか有料。広大な駐車場に車の姿はほとんど見られなかった(観光客ゼロ?)。参観灯台として資料展示室を併設している灯台なので、灯台内は有料でしかるべきですが、駐車場まで有料というのはいかがなものか。これで一般観光客の何割かを逃がしている気がするのですが。現状駐車料金300円、灯台入場200円となっているが、これを駐車料金無料の灯台入場350円くらいにすればもっと収益が上がると思いますよ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: