FC2ブログ

記事一覧

熊野那智大社

青岸渡寺から隣接する熊野那智大社へ。熊野三山の一つ・熊野那智大社は、青岸渡寺と同様に『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産の一部として世界遺産に認定されています。



PA070303.jpg
青岸渡寺から熊野那智大社へは門を一つくぐるだけ。両方を一度に見学することができるのでお手軽。

熊野は神仏習合により栄えた霊場のため、神社と寺の境界もあいまいな部分が多く引き継がれています。熊野那智大社も古くは「那智山熊野権現」「那智権現」などと呼ばれていました。

熊野那智大社のご案内

この地を「熊野」と申します。クマとは、「奥まった処」「隠れたる処」との意があり、そこは「上座」であり「聖」なる地と位置づけています。「クマ」と「カミ」は同じ意味があり、「クマノ」は「カミの野」で神々の住まえる地といえます。
神倭磐余彦命はこの地に上陸され、八咫鴉の案内で大和の地に着き神武天皇となられました。その時に那智の瀧を大己貴命の御霊代として祀られたのが那智山信仰の起こりと伝え、仁徳天皇五年(約1680年前)この地に社殿を建立したと伝えています。
古来、「日本第一大霊験所・根本熊野三所権現」那智山熊野権現と称し、御社名を「熊野那智大社」と申し、御祭神は、熊野夫須美大神と申し上げ、日本で最初の女神「伊弉冉命」を主神とし十二柱の神々をお祀りし、全国に鎮座する約四千余社の熊野神社の御本社(熊野本宮大社、熊野速玉大社とともに)であり、熊野三山の一社であります。
重畳と續つく紀伊の山々の果て、前面に大海原が拡がる温暖の地は京洛より山川八十余里、往復一ヶ月を要し後白河法皇の三十四度・後鳥羽上皇の三十一度を始め数多くの人々が続々と熊野詣を為し、その様子を「蟻の熊野詣」と称しています。
御社殿は、熊野権現造りと称し正面五棟・側面一棟と御縣彦社・鈴門・瑞塀から成っており、往古、織田信長により焼き討ちに逢い、豊臣の代に再興し、享保・嘉永に修復し、最近では、昭和九年の室戸台風の被害により解体修復が行われ、平成七年に国指定文化財となりました。
更に、平成十四年より檜皮の葺き替え・丹塗りの塗り替えを行い、御社殿及び境内域はこの度『紀伊山地の霊場と参詣道』として世界遺産に認定され、この那智山社域一帯は吉野熊野国立公園特別地域であります。
(現地説明板参照)




PA070318.jpg 
PA070314.jpg PA070312.jpg
境内にある那智の樟(くす) 和歌山県指定天然記念物

樹齢約800年の大樹で、熊野三山造営の勅使として参った平重盛の手植えの樟と伝えています。
根幹部は空洞化しており、「樟霊社 胎内くぐり」として無病息災を祈願できます(初穂料300円)。



PA070319.jpg
眼下の宿坊跡から大門坂、遠く太平洋、左手に広がる那智原始林まで望めます。



PA070321.jpg
休憩所には無料の冷たいお茶が置かれていました。普通のお茶ですが、ここまで水分不足であった私にとっては命のお茶です。かつて備中松山城の天守前の休憩所で飲んだお茶以来のうまさを感じました。



PA070338.jpg
境内の様子

意外と若いグループ旅行のような訪問者も多い印象です。



PA070335.jpg
拝殿(礼殿)

建物に向かう石畳の道がやや斜めに向かっており、同様の造りの首里城正殿前の道を思い起こします。



PA070329.jpg
拝殿(幣殿)

ご参拝。



PA070331.jpg PA070327.jpg
拝殿の後ろに本殿として第一殿~第五殿+八神殿(第六殿・八社宮)までがL字型に鎮座しており、八神殿手前に建つ御県彦社と、これらを囲んで建つ鈴門及び瑞垣までがすべて国重文に指定されています。
宝物殿もありますが、入っていません。



PA070333.jpg
八咫烏

八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話において神武東征の際、高皇産霊尊(タカミムスビ)によって神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラス。一般的に三本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わっている。

日本神話の「東征」において、八咫烏は瀬戸内海から近畿に進もうとした神武天皇の道案内を務めたとされる。神武天皇は、当初、西から大阪に攻め入って敗れたため、太陽神である天照大神の子孫である自分たちは西から東へ日に向かうのではなく、東から西へ日を背にして攻め入るべきだと考えた。そこで八咫烏の案内により、紀伊半島を大きく迂回して現在の新宮付近から攻め入ることにし、その後、吉野を経て橿原に行き大和朝廷を開いた。

神話において、八咫烏は熊野の神の使いとしても活躍する。孝霊天皇の御代、山でイノシシを追っていた「千代包」(ちよかね)という名の漁師がカラスに導かれて大木をみいだし、そこにみえた光に矢を向けると、「私は熊野の神である」という声が聞こえたためその神を祀る社を建て、その宮の別当(熊野三山の管理職)になったという。このときが、熊野の神が人々の前にはじめて姿を現した瞬間だと伝えられる。

八咫烏の記録は『古事記』『日本書紀』『延喜式』のほか、キトラ塚古墳の壁画や珍敷塚古墳(福岡県)の横穴石室壁画、千葉県木更津市の高部三〇号噴出土鏡、玉虫厨子(法隆寺)の台座などにみられる。 (wiki参照)


日本サッカー協会のシンボルマークとしても有名。

現代では、八咫烏は主に日本サッカー協会のシンボルマークおよび日本代表エンブレムの意匠として用いられている事でも知られている。このシンボルマークは、大日本蹴球協会(日本サッカー協会の前身)創設に尽力した漢文学者・内野台嶺らの発案を基に、彫刻家・日名子実三のデザインにより、1931年(昭和6年)に採用されたものである(天武天皇が熊野に通って蹴鞠をよくしたことにちなみ、よくボールをゴールに導くようにとの願いが込められているともいう。なお、蹴鞠の名人とされる藤原成道は、五十回以上も熊野詣でをして蹴鞠上達を祈願し、熊野大神に「うしろまり」を披露して奉納したとされ、現在でも、日本サッカー協会はワールドカップ等の出場前に熊野三山で必勝祈願を行っている)。また、このシンボルマークを基に日本代表エンブレムとしても八咫烏は採用されており、サッカー日本代表のユニフォーム等に使用されている。 (wiki参照)




PA070339.jpg
ヤマザクラ(県指定天然記念物)

秀衡桜とも。藤原秀衡が熊野権現の御分霊を賜わるべく夫人と共に参詣した際、奥州より持参した山桜と云われており、白山桜とも呼ばれ、雲か霞かと疑われる程に真白に美しく咲き誇るとのこと。



PA070343.jpg PA070346.jpg
さて、下山開始。二の鳥居からはひたすら下り階段。



PA070350.jpg
一の鳥居

表参道側から上ってくると、中腹で熊野那智大社と青岸渡寺へそれぞれ向かう分岐があります。熊野那智大社へ先に向かう場合はこの一の鳥居の道を選ぶのですが、山上でそれぞれ行き来できるのでどちらの道を使っても問題ありません。



PA070355.jpg
ちなみに青岸渡寺へ先に向かいたい場合は、登り方向向かって右手の山門から進みます。
こちらの階段も一直線の登りでなかなか大変そう。



PA070354.jpg PA070358.jpg
PA070360.jpg PA070362.jpg
一の鳥居から下ると観音堂やお土産店街を通過。下り階段が続く。登りも延々と石段を登ってきたので、その分下らないと麓には到達しないのは当然ではありますが。私は昔から下りは大得意なので気楽に降りてこれますが、足腰が弱い人は大変ではなかろうかと思います。



PA070363.jpg 
PA070369.jpg PA070370.jpg
実方院跡(和歌山県指定史跡) 

百十余度も行われた熊野行幸において参拝された上皇や法皇の御宿所となった場所。庭園には樹齢400年余というモッコクの大樹があり、こちらも県指定天然記念物。



PA070388.jpg
実方院跡からは参道は一度鍵の手状に曲がり、その後一気の直線で麓に到着します。
なお麓から少し上ったところに大門坂の項で紹介した観光パネルが設置されています。

私の麓到着と入れ替わりに高齢者の団体さんが登り始めていったが、無事往復できるのだろうか・・・



PA070385.jpg PA070389.jpg
ん!?

無料Pですと!?

食事や買い物をすることが条件なのかもしれないが、単に500円盗られるよりかはこちらのほうがよっぽどよかった。滝を見るには少し離れているが、上まで全部見るつもりなら場所はそれほど関係ないし。



PA070394.jpg
正面に那智の滝を見据えながら、車を止めた駐車場までは車道を歩く。
同じように車道を歩く人が多かった。


見ごたえがあって、思いのほか見学に時間がかかってしまいました。
車に帰還し、休憩をとる時間も惜しんで次の目的地へ即発進。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: