FC2ブログ

記事一覧

川瀬城 ~必要以上に立派な城址碑~

赤木城を後にしたのが16:30。10月は実はそんなに日が長くないので、そろそろ日没も近い状況ですが、ここから粘るのが私の登城スタイルの真骨頂。

来た道を戻り、R311風伝トンネルを抜けてすぐの県道を右折(南へ)。
100mちょい南へ進んだところに石碑を発見。



PA060594.jpg
川瀬城城址碑

立派な城址碑ですが、隣には五輪塔や石の台座があるだけで、城に関する説明が一切ありません。
石碑の裏に説明が刻まれているケースもよくあるので確認したのですが、何ら記されていませんでした。



PA060600.jpg
よく見ると碑の上に矢印があり、左上の方向にある山上が城跡であることを示しているようです。

え?登らないのかですって?私のことを野人か何かだと思っていませんか?
もちろんスルーですよこんなの。時間もないし、城址碑を見つけることができたので大満足ですし。
ちなみにネット上にわずかに残る先人の記録によると、郭跡と土塁・堀跡が残る程度のようで、登らなくて正解だったとしか言いようがありません(笑)



=============================================
所在:三重県南牟婁郡御浜町川瀬
評価:

城址碑だけは国指定史跡級。普通どんなにマイナーで痕跡すら残っていないような城館でも、その場所が城館跡と伝わっている以上何かしらの沿革というものが残っているものですが、この城に関しては、少なくともネット上の情報だけでは全くの沿革不明です。今の時代、これだけ詳細不明という城は逆に珍しいものです。設置者はかなり強い思い入れがあって、それなりの費用を投じてこのような立派な城址碑を作ったのでしょうが、設置するだけの由来があるのならぜひとも一緒に世に出してほしかったところです。そのほうが設置の趣旨にもかないそうなものですが・・・
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: