FC2ブログ

記事一覧

田平子峠刑場跡

丸山千枚田を後にし、そろそろ赤木城に到着しようかというところで、路肩に標柱があるのを発見。
ちょっと立ち寄ってみます。



PA060495.jpg
国指定史跡 田平子峠刑場跡



PA060496.jpg PA060501.jpg
標柱の場所からちょっとした高台へ



PA060497.jpg
天正・慶長北山一揆殉難者供養塔(中央)とその説明碑(左)

田平子峠刑場跡は、豊臣、徳川両政権の重鎮であった藤堂高虎らの新領主に農民一揆で抵抗した旧来の北山の国人士豪らが処刑された刑場の跡で、こうした新領主に対し、在地の旧来勢力が抵抗を繰り返しながらも鎮圧されていく過程を示す重要な史跡であるということです。
北山一揆により処刑された人の数は三百数十人に及び、「日本残酷物語」にも載る程残虐だったそうで、この場所の道路工事の際には沢山の人骨が出て来たといいます。

<参照サイト>ともに大変参考になります↓

「伊賀・大和・熊野 つゝ井筒歴史遊歩」/大和百万石(5)~(9)
「十津川探検~ 瀞洞夜話 ~」/(276)津久(ツグ)騒動又は北山一揆のこと



PA060502sa1.jpg PA060502sb2.jpg
田平子峠

北山一揆の残党は、ここ田平子峠で虐殺されます。
以下の歌は、この地に数百年残る里歌であるといいます。

「行たら戻らぬ 赤木のお城、身の捨て処は 田平子じゃ」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: