FC2ブログ

記事一覧

茶臼山砦 ~伊勢国司隠棲の地の見張り台~

三瀬砦に続き、伊勢国司北畠具教の隠棲の地・三瀬館に向かおうと車を走らせます。
国道沿いに案内表示もあり、これは迷わず到着すると思ったのですが・・・



PA060265sa.jpg PA060265sbb.jpg
どっちなんや・・・



PA060266s.jpg PA060267.jpg
右(直進)だな!

表示の通りに進んだ先にも案内表示があり、この道で正しかったと安心してなおも表示の通りに直進すると・・・



PA060269.jpg PA060272.jpg
道はとんでもない山の中へ突入。こりゃ全然だめだ。
切り返すのに多大な労力を費やしてしまった。



PA060274s.jpg
引き返します。この辺の行程だけで一記事できそうなくらいの探検だったが、文字に起こしてみると山の中を彷徨っただけの記事になってしまうので全部カット。



PA060275.jpg
帰路見つけた案内板。う~む、館は反対側にあるではないか。あの案内表示はいったい何だったのだか。

このときは全く気付いていませんでしたが、途中麓を横切った茶臼山という小山は三瀬館の東を守る砦であったといいます。そういえば最初の表示にも茶臼山の表示がありましたね。現在は公園として整備され、山上には秋葉神社があるようです。



PA060268.jpg
行く途中で写真に収めた茶臼山砦。見張り台としては絶好の場所です。
一応記録の写真が撮れたので、単なるタイムロスではなく怪我の功名といったところでしょうか。



PA060285.jpg
写真をあさっていたら、三瀬館のところにもこういった案内板がありました。これを撮った時は三瀬館の探索に夢中で、隣に砦があるという認識はなかったようです。事前の下調べが重要ですね。

ちなみにこの砦のことを愛宕山砦という名称で紹介しているサイトもあります。正式名称はよくわかりませんが、茶臼山見張り台というのが一番正しい呼び方なのかもしれません。



=============================================
所在:三重県多気郡大台町上三瀬
評価:

実際に登っていないので評価なし。三瀬館の見張り台として三瀬館の中に含めてもいいと思いますが、一応分けて掲載しました。砦という認識があれば登っていたのですが、もったいないことをしました。再訪は・・・まずないだろうなあ・・・
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: