FC2ブログ

記事一覧

松坂城② ~蒲生氏郷が築いた総石垣の堅城~

1584年(天正12年)近江国日野城6万石の蒲生氏郷が伊勢国12万3千石を与えられ松ヶ島城に入城した。1588年(天正16年)氏郷は、松ヶ島は伊勢湾に面し城下町の発展性がないと考え、飯高郡矢川庄の四五百森(よいほのもり)に新たに築城を開始した。工事は領内の寺社を取り壊して転用し、急ピッチで年内に完成させた。城は東に大手、南に搦手を配し、外郭に深田堀及び水堀を巡らせた。四五百森北峰に本丸を配し、その南側に二の丸が置かれた。本丸には3重5階の天守が構えられた。城下町建設にあたり松ヶ島住人を強制的に移住させ、旧領の近江商人を町の中心部に呼び寄せて日野町とし楽市楽座を設けた。また、湊町に伊勢大湊の豪商角屋氏を呼び寄せ、これにより商都松阪の礎が築かれた。
1590年(天正18年)氏郷は小田原征伐の軍功により陸奥国会津60万石の大封を得て若松城に移った。代わって服部一忠が入城した。1595年(文禄4年)服部一忠は豊臣秀次事件に連座し自害した。次いで古田重勝が3万4千石で入城した。1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いの軍功により徳川家康より2万石を加増された。重勝はこの年に死去し長子の重恒が幼少のため重勝の弟・重治が襲封した。1619年(元和5年)古田氏は石見国浜田城に転封となり、南伊勢は紀州藩の藩領となった。松坂城は当地を統括する城として城代が置かれた。城内の天守以下の櫓や門等の建物は放置されていたため、江戸時代前期の史料によれば、1644年(正保元年)に天守が台風のため倒壊したとされ、以後は天守台のみが残ることとなった。1794年(寛政6年)には二の丸に紀州藩陣屋が建てられた。以後、紀州藩領として明治維新を迎えた。 (wiki参照)


近世初期の築城家といえば藤堂高虎や加藤清正が名高いですが、この両名に先駆けて総石垣の堅城を築き上げた蒲生氏郷の築城センスを、私は前の二人と同等かあるいはそれ以上に評価しています。



PA050522.jpg
この城の本丸は上段と下段の2段に分かれています。
まずは上段周りから見ていきます。



PA050520.jpg
金ノ間櫓跡

本丸上段東角にあった2層の櫓で、台所棟と付属舎が付いていたが、17世紀中ごろに破損。



PA050518.jpg
松阪開府之碑

昭和25年(1950)建立。裏面に蒲生氏郷から紀州藩領になるまでの履歴が刻まれています。
なお1889年(明治22年)に旧名の「松坂」から現在の「松阪」に名称が改められています。



PA050498.jpg
天守台へ

本丸内から見ると天守台の石垣はさほど高さはありません。
この石垣には古墳時代の石棺材も積み込まれているんだとか。



PA050499.jpg
天守台の上にはこの碑があるだけ。
私は碑の類は大好きですが、さすがにこのクラスの城でこれだけは寂しいと感じます(笑)

天守台には3層の望楼型天守があったが、正保元年(1644)に大風のため倒壊したとされます。
その後は再建されることはありませんでした。



PA050503.jpg
天守台に隣接する敵見櫓跡



PA050501s.jpg
天守台から眺めた本丸上段 正面に金ノ間櫓跡



PA050515s.jpg
こちらは金ノ間櫓跡から見た天守台方向



PA050468.jpg
本丸上段南面

石垣上のこの部分は多聞跡。本丸上下段及びきたい丸はすべて多聞で囲われていたと思われます。
左手石垣下は隠居丸。特別史跡の本居宣長旧宅(鈴屋)の屋根を上からのぞき込めます。



PA050469.jpg
本丸石垣にはこのように顕著な折れが見られるところもあります。



PA050470.jpg
この石垣の突出している部分は段下の隠居丸の埋門跡に接続しているようです。



PA050523.jpg
本丸西側の「きたい丸」

名称は慶長期の城主古田重勝の子・重恒の幼名である「希代丸」に因むという。
(小学館「日本名城百選」参照)

現在内部は梅林になっています。



PA050472.jpg
きたい丸南面石垣



PA050480.jpg PA050476.jpg
PA050481.jpg PA050484.jpg
PA050491.jpg PA050493.jpg
きたい丸には角櫓の跡と思われる櫓台が随所に設置されていますが、表示碑もなく、資料にも櫓の名称等は記載されていません。



PA050488.jpg
きたい丸北西隅に設置されていた案内板



PA050489s.jpg
案内板によると矢印の場所に当初向かおうと思っていた阿坂城白米城)があるようです。


その③へ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: