FC2ブログ

記事一覧

四日市陣屋 ~天領四日市の代官所~

四日市陣屋は、江戸幕府が天領である四日市を管理するために設置した代官所(陣屋)。
現在の三重県四日市市北町に置かれました。



PA050201.jpg
陣屋跡地である中部西小学校

正門脇に説明板あり。



PA050202s.jpg

四日市町は江戸時代、享保9年(1724)~享和元年(1801)の大和郡山藩領時代を除き、天領(幕府領)であった。便宜上、享保9年以前を第一次天領時代、享和元年以降を第二次天領時代という。慶長8年(1603)幕臣水谷九左衛門光勝が竪町の東側に代官所を築き、幕府領支配の拠点とした。代官所は江戸時代を通じ、この地を移動することはなかった。
第一次天領時代は、九左衛門を初代として24代の代官が任命されている。大和郡山藩領時代にも、やはり付近の藩領を支配するためここに代官が派遣された。第二次天領時代になると、信楽代官多羅尾氏の支配を受けて、出張陣屋が置かれた。多羅尾氏は1500石の旗本で、代々信楽代官を勤めたが、四日市陣屋へは手付・手代を派遣して支配にあたらせた。手付・手代の数は、天保10年(1839)には信楽詰22人、江戸詰9人、四日市詰2人であった。
陣屋の建物自身には時期によって変更があったようであるが、詳細は不明である。陣屋の建物は明治維新後、度会県支所、安濃津県支庁さらに三重県庁となったが、明治9年(1876)の伊勢暴動の際にすべて焼失した。  (説明板参照)




PA050202sa1.jpg
陣屋絵図

絵図では陣屋建物の部屋数は42となっています。
周囲を堀と土塁に囲まれ、陣屋内には池や庭もあったようですが、現在遺構は残っていないようです。



PA050202sb2.jpg
東海道分間絵図巻九

堀に囲まれた陣屋の姿が描かれています。
右側が北で、左に90度回転させると現在の道路地図と綺麗に一致します。



PA050203.jpg
旧町名「竪町」の説明碑



PA050198.jpg
小学校北側に隣接する建福寺

境内には「泗水の井戸」があります。この井戸は江戸時代、四日市陣屋を中心としたところにあった4つの井戸のうちのひとつで、現存する唯一のものであるとのこと。

四日市を表す言葉として「泗水」があります。その起源にはさまざまな説がありますが、有力なもののひとつは、享保9年(1724)から享和元年(1801)にかけて当時郡山藩領であった四日市町の陣屋に勤務していた城戸賢(きどけん)が、詩集「東帰稿刪(とうきこうさん)」のなかで四日市での見聞を記した「泗水行」という一編を著わしたことによるというものです。そもそも「泗水」は、中国の孔子が弟子に教えを説いたところを指すのですが、城戸は、それにあやかって四日市を泗水とよんだようです。また江戸時代の四日市町にあった四つの井戸をさして泗水の井戸とよんだともいわれています。これらの井戸は、戦争や道路工事で消滅するものが相次ぎ、現在残っているものは建福寺境内の井戸のみとなりました。 (四日市市HP参照)




=============================================
所在:三重県四日市市北町
評価:

立派な説明板が設置されているのが◎。遺構はなくとも表示物があれば訪問してみたくなります。江戸期を通じてずっと陣屋が設置されていた場所なだけあって、発掘調査では様々な遺物が発見されたとのことです。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: