FC2ブログ

記事一覧

柿城 ~室町幕府奉公衆佐脇氏の居城~

朝日町歴史博物館から池を挟んで南西約150mほどのところに小高い丘陵が残っています。
その丘陵先端部分に築かれていたのが柿城です。



PA050142.jpg
周辺は新興住宅地となっていますが、主郭部分が残され現在は公園として整備保存されています。
公園整備以前は竹藪に覆われていたそうです。



PA050144.jpg
立派な説明板が設置されているのがありがたい

築城年代は定かではないが、延文5年・正平15年(1360)周防国の佐脇宗喜が伊勢国守護仁木義長に属して、その子宗政が築いたとされます。佐脇氏は室町幕府将軍に仕えた奉公衆で、北伊勢の国人一揆である十ヶ所人数にも名を連ねています。 弘治3年(1557)、近江六角義賢の家臣小倉三河守によって攻め滅ぼされたという記録が残っています。

旧図を見ると、主郭を中心に3つ(5つ?)ほどの郭が取り囲む縄張りであったようです。



PA050145.jpg PA050148.jpg
主郭部分は公園広場で、東屋や見晴らし台があります。見晴らし台からは北側の様子はよく望めますが、肝心の伊勢湾・東海道側はちょうど木が生い茂っていて見栄えがいまいち(笑)



PA050149.jpg PA050150.jpg
主郭の手前のところが樹木もなく眺望が開けていました。伊勢平野を一望でき、四日市コンビナートの煙突群も確認できます。腰郭や丘陵の先端に立地している地形も感じ取ることができました。



=============================================
所在:三重県三重郡朝日町柿
評価:★☆

現在の地図を確認してもらえばわかりますが、すぐ近くに大型ショッピングセンターと住宅街が広がっており、主郭部分だけとはいえよく残ったといえます。遺構そのものはほとんどなく、主郭を中心とした地形から往時をしのぶ程度ですが、藪まみれの誰も立ち寄らないかつての状況よりも、立派な説明板付きで公園として整備された現状のほうが史跡のあり方としてはいいと個人的には思いますよ。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: