FC2ブログ

記事一覧

四稜郭 ~急造の星形要塞~

国指定史跡・四稜郭
箱館戦争の際に蝦夷共和国(箱館政権)が築城した堡塁で、新台場神山台場などとも呼ばれています。

場所は権現台場から北北東へ約1kmほどのところにあります。



P5090489s.jpg
四稜郭案内図

四稜郭の名称はこの図のとおり4つの稜堡を持つことに由来します。
現在は史跡公園として整備・開放されています。



P5090496.jpg
南側の虎口

明治2年(1869)春、五稜郭にたてこもる旧幕府脱走軍は新政府軍の攻撃に備えて各地に防御陣地を築いたが、五稜郭の背後を固めるため、その北方約3㎞の緩斜面台地にも洋式の台場を急造した。これが四稜郭である。
四稜郭は、蝶が羽を広げたような形の稜堡で、周囲に土塁と空壕をめぐらし、郭内(面積約2,300㎡)には、四隅に砲座を設けたが、建物は造らなかった。なお、地元の言い伝えによると、旧幕府脱走軍は士卒約200名と付近の村民(赤川・神山・鍛治村)約100名を動員して、昼夜兼行で数日のうちにこの四稜郭を完成させたといわれている。
明治2年5月11日、新政府軍は箱館総攻撃を開始した。同日未明、新政府軍の岡山藩・徳山藩の藩兵は赤川村を出発し、四稜郭の攻撃を開始した。松岡四郎次郎率いる旧幕府脱走軍は四稜郭の防御に努めたが、新政府軍には福山藩兵も加わり、さらに長州藩兵が四稜郭五稜郭の間に位置する権現台場を占領したため、退路を断たれることを恐れた旧幕府脱走軍は五稜郭へと敗走した。
5月18日には五稜郭が開城され、榎本武揚以下が降伏して箱館戦争は終わった。 (説明板参照)


wikiによると面積は約21,500㎡となっています。説明板の数値は土塁に囲まれた内側の面積で、wikiの数値は外縁部も含めた数値なのかもしれません。wikiの信用度は低すぎるために単なる桁誤りの可能性も十分ありますが。



P5090499s.jpg
位置関係図

権現台場が陥落すると四稜郭が完全に孤立することがこの図からも読み取れます。
五稜郭と比べるとサイズもかなり小ぶりです。



P5090502.jpg
さすがの国指定史跡、城址碑も立派

ただしこの石碑、正面に立木があるため、この角度から写真を撮るのはやや困難。
(この写真は木の枝に体を潜り込ませて撮影したもの)



P5090507.jpg
虎口

進入口は南側のこの場所一か所のみであったようです。



P5090525s.jpg
北側塁上から眺めた虎口



P5090516.jpg P5090512.jpg
P5090521.jpg P5090519.jpg
土塁があれば登るのはもはや義務レベル

土塁の規模は東西約100m、南北約70m、幅5.4m、高さ3mほど。土塁の外側には幅2.7m、深さ0.9mの空堀が造られています。



ここらで動画



不思議な音が響いています。
この時公園に一人、太鼓のような楽器をたたいて演奏している男性がいたことを思い出しました。



P5090527.jpg
見事な塁線 美しい



P5090530.jpg
同上



P5090520.jpg
四隅には砲座が置かれ、大砲の設置のためのスロープも造られています。



P5090528.jpg P5090529.jpg
稜堡の先端部分

鋭角が好きな人にはたまらない場所です。



P5090492.jpg
先端部分から上り下りされている形跡が残ります。それ以外のところから直登するには少々厳しい角度となっています。



P5090495.jpg P5090533.jpg
花見にもいい時期でした。



=============================================
所在:北海道函館市陣川町
評価:★★★

中世の単郭方形館としてみれば立派な造りですが、近代の堡塁としてはいかんせん脆弱であり、立て篭もるには手狭で井戸等の設備も存在していません。星形要塞であるものの、実際には野戦築城に近いものでありました。各個撃破の対象にされたらとても持ちこたえられないので、権現台場陥落時に徹底抗戦を選ばずに撤退したのは妥当な判断でしょう。なお、今回の遠征では訪れることができませんでしたが、北海道には五稜郭四稜郭のほかにも(通称として)三稜郭七稜郭と呼ばれる台場もあるということです。訪問は次回遠征時に。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: