FC2ブログ

記事一覧

立待岬

南部陣屋から立待岬へ。
今回の旅で納沙布岬絵鞆岬白神岬などを訪れ、すっかり岬巡りに目覚めてしまった感があります。



P5090088s.jpg
左手奥のいかにも先端になっているところが立待岬

岬へは途中から一方通行の道になります。



P5090094.jpg P5090096.jpg
(左)細菌学者 小池毅の墓
(右)石川啄木一族の墓

ともに一通の車道沿いにあります。
啄木は「死ぬときは函館で・・・」といったほどこの地を愛していたとのこと。



P5090111.jpg
立待岬到着

函館山の南東に位置する立待岬は、津軽海峡に突き出た断崖上にあり、天気の良い日には下北半島を望むことができます。
広い無料駐車場もあるので安心。



P5090129s.jpg
与謝野寛・晶子の歌碑



P5090133.jpg P5090127.jpg 
P5090121.jpg P5090126.jpg
P5090113.jpg P5090123.jpg
津軽海峡、函館市街、函館山

霞がかっていましたが、下北半島大間岬もうっすらと見えました。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: