FC2ブログ

記事一覧

千代ヶ岡陣屋 ~箱館戦争最後の戦闘の場~

千代ヶ岱陣屋津軽陣屋とも。
現在の千代台公園から中島小学校あたりにかけて築かれていたとみられています。



P5090157.jpg
公園西側、「教育大通」(陣屋通り)沿いに説明板発見

文化5年(1808)、幕府から蝦夷地(北海道)の警備を命じられた仙台藩が、択捉などの出張陣屋の元陣屋として、現在の中島小学校付近から千代台公園野球場にかけての丘陵地帯に、東西約130m、南北約150mの土塁を築き陣屋を置いたのが始まりである。
安政2年(1855)、幕府が津軽藩に対して、西は乙部から神威岬まで、東は箱館から恵山岬までの警備を命じたため、津軽藩は出張陣屋を寿都に設け、ここを元陣屋として受け持ったので、津軽陣屋、または地名から千代ヶ岡陣屋とも呼ばれた。
明治元年(1868)10月、道南一帯を掌握した榎本武揚率いる旧幕府軍が、五稜郭を本拠に弁天台場や津軽藩が引き上げて空塁になっていた千代ヶ岡に兵を配置したが、明治2年5月16日、新政府軍の総攻撃により守将中島三郎助らは壮烈な最期を遂げ、この陣屋は陥落した。 (現地説明板参照)


時系列を整理すると、津軽藩が弥生町にある初期の津軽陣屋を築いたのが寛政10年(1798)、そこから千代ヶ岡へ陣屋を設置して移ったのが翌寛政11年(1799)。そして文化5年(1808)に仙台藩が現在地に元陣屋を築き、安政2年(1855)、津軽藩がその陣屋を元陣屋として受け持った、と。
そうすると津軽藩が最初に千代ヶ岡へ移転したときに設置した陣屋というのは、その後は使われなくなってしまったということなんですかね。
いろいろと調べてみましたが、どうもこの辺はよくわかりません。



P5090155.jpg
この日は競技大会かイベントでもあったらしく、公園の駐車場には近づけず、駐車場手前の道路も路駐の車の列ができているほどでした。この車列の手前で説明板を見つけることができてほっとしましたよ。


さて、明治2年の箱館戦争では5月11日に一本木関門で土方歳三が戦死し、5月15日に弁天台場も降伏、残るは五稜郭とここ千代ヶ岡陣屋のみとなります。新政府軍からは降伏勧告が出され、五稜郭からも撤退命令が出されますが、守将中島三郎助はこれらを拒絶。5月16日午前3時頃、新政府軍が北・西・南の三方向から千代ヶ岡陣屋に攻撃をかけ、不意を突かれた旧幕府軍は組織的な防御ができず多くが逃走し、1時間足らずで陥落、中島三郎助は2人の息子とともに奮闘したものの戦死します。
これが箱館戦争最後の戦闘となり、五稜郭の旧幕府軍が降伏し戊辰戦争が終結したのは、この2日後のことでありました。



=============================================
所在:北海道函館市中島町、千代台町
評価:

箱館戦争時の陣屋は改修が加えられがなり大規模なもののようでしたが、明治期以降陣屋跡地には刑務所や連隊営舎・練兵所が造られ、さらにその後刑務所跡地は住宅地、連隊跡地は千代台公園として整備されるなど変遷が激しく、遺構は全く残っていないようです。また、この地で奮戦した中島三郎助は函館では人気が高いらしく、最後の地には石碑が設置されており、毎年慰霊祭も行われているようです。中島町の名称も、中島三郎助からきているとのことです。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: