FC2ブログ

記事一覧

南部陣屋 ~蝦夷地の南部藩元陣屋~

幕末、幕府から東蝦夷地の沿岸警備を命じられた南部藩は、室蘭長万部砂原に出張陣屋を設置します。
そして出張陣屋に対する本営・本陣となる元陣屋は箱館に築かれました。

現在の函館山ロープウェイ乗り場「山麓駅」の北側にある駐車場一帯が南部陣屋の跡地になります。



P5090074s.jpg
陣屋の名残を坂名に残す「南部坂」

ロープウェイ乗り場へ向かい南部坂を上ると、右手に石垣が見えてきます。



P5090076.jpg
ロープウェー駅の駐車場は上下3段ほどに分かれています。
こちらは下の段の駐車場石垣。この石垣は陣屋のものと関係があるのだろうか。

当初、寛政11年(1799年)東蝦夷地公議御料(幕府直轄領)時代、箱舘の警護を命じられた南部(盛岡)藩が箱館谷地頭の北方に設置した元陣屋で、文政4年(1821年)松前藩の蝦夷地復領によって廃止され、安政2年(1854年)箱館開港に伴ない蝦夷地が再び公議御料となり箱館奉行が設置されると、函館山岬と恵山岬から幌別(現 登別市)までの沿岸警備を命じられたさいに、元の陣屋の交付を受けたが、使用に耐えなかったため工事にあたり、東西120m南北180mの敷地が三段に分かれ周囲に空堀と土塁がめぐらさせ、210人ほどの兵員が配置されていた。
慶応4年(1868年)、政情不安から南部藩は蝦夷地警護兵を撤退させることとなり、8月31日夜半、陣屋に火を放って帰国し、南部陣屋は廃絶した。 (wiki参照)




P5090080.jpg
一つ上の段の石垣。古さを感じさせる石垣と新しそうに思える石垣が混在しています。駐車場整備の時に手を加えられてはいるのでしょうが、幕末期のものが部分的に残っているようにも見えるので何とも言えません。

ここには説明板や城址碑、それと変なモニュメントがあります。



P5090077s.jpg
城址碑

幕府が蝦夷地(北海道)を初めて直轄した時代(1799~1821)、幕府の命により南部藩が蝦夷地を警備するために築いた陣屋跡で、敷地は当初16,200㎡ほどであったが、その後増築して36,000㎡以上となった。建物は極めて粗末で、相当な人数が勤務し越冬していたが、病人がたくさん出た(文化4年(1807)には342人勤務し、内150人越冬)。後の幕領時代(1854~1867)にもここを陣屋として再建し、約300人が勤務していた。
明治元年、戊辰戦争が東北に及び国元を守備するため、同年8月11日夜、イギリス人ブラキストンから雇入れた汽船に乗って箱館を引き揚げ南部へ帰った。 (現地説明板参照)




P5090078.jpg
変なモニュメント、もとい放送記念碑

ここはNHK函館放送局誕生の地らしく、傍らにはそのことを刻した説明板も設置されていました。



=============================================
所在:北海道函館市元町
評価:★☆

駐車場は3段に分かれており、陣屋時代の記述と合致します。周囲の石垣については当時の遺構なのかすべて近年のものなのかは何とも言えないところです。南部藩の出張陣屋はすべて土塁造りですし、他藩の陣屋も総じて土塁造りとなっています。ただ同時期に築かれた五稜郭弁天台場などは石垣が多く使われていますし、この傾斜地形では土塁よりも石垣のほうが整地しやすい気もします。古そうな石垣も見られたし、部分的には当時のものが残っているのかもしれませんが、これについては先人たちも意見が分かれているようです。
一応今回は石垣はすべて後世のものと仮定した場合の評価。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: