FC2ブログ

記事一覧

宇須岸河野館 ~「箱館」地名発祥の館~

箱館宇須岸館河野とも。道南十二館(*)の一つ。

元町公園からその下側(北側)一帯が館の跡地といいます。

*道南十二館
志苔館宇須岸館茂別館中野館脇本館穏内館覃部館大館禰保田館原口館比石館花沢館



P5090042.jpg
元町公園内にある「箱館奉行所跡」の碑



P5090051.jpg
元町公園から一段下った平場に宇須岸河野館の説明板が設置されています。

亨徳3年(1454)津軽の豪族安東政季に従って、武田信広(松前氏の始祖)、河野政通らが蝦夷地に渡来したという。政通は、当時「宇須岸」(うすけし)と呼ばれていたこの地に「館」を築いたが、これが「宇須岸河野館」で、その大きさは、東西35間(約63m)、南北28間(約50m)と伝えられ、四方に土塁を築き、乾壕をめぐらしていたといわれている。この「河野館」に由来して、「箱館」という地名が生まれたと伝えられている(明治2年「函館」と改称された)。
永正9年(1512)アイヌとの抗争で、河野季通(政通の子)ら一族が敗れたため、箱館は以後100余年にわたって衰微したとの伝承が生まれた。
箱館は18世紀初頭(元禄時代末)から亀田川下流域からの住民の移住が増加、これに伴い相次いで寺院も移転し、箱館港の繁栄が顕著になっていった。次いで、寛保元年(1741)には松前藩のこの地域の行政庁「亀田番所」が「河野館」跡地に移されて、繁栄への基礎が築かれた。
寛政11年(1799)幕府は東蝦夷地を直轄地とし、亨和2年(1802)箱館奉行が置かれ、この地に箱館奉行庁舎も築かれ、箱館に拠点を据えた高田屋嘉兵衛の活躍などもあって箱館は大きく発展した。箱館奉行庁舎は、明治に入ってから開拓使の庁舎となり、その後、北海道庁函館支庁庁舎となるなど、「河野館」跡は函館の行政の中心地であった。 (説明板参照)


平成12年に移転するまで、ここには市立函館病院がありました。この病院の歴史もかなり長いようです。
現在は公園及び駐車場として整備されています。



P5090048.jpg P5090049s.jpg
館域内にあるペリー広場

ペリー提督来航記念碑があります。



P5090053.jpg
同じく館域内にある「諸術調所跡

諸術調所とは、箱館奉行所の研究教育施設で、蝦夷地の開拓と警備に必要な人材育成を目指して、安政3年(1856)に設立された。
教授は五稜郭設計で有名な武田斐三郎で、蘭学はもとより、測量・航海・造船・砲術・築城・化学などを教え、亀田丸でロシアまで操縦航海するなど実践を重んじた教育を行った。
元治元年(1864)、斐三郎が江戸開成所(現・東京大学の前身)の教授に転出するまで、門人多くを教育し、前島密(郵便制度創始者)、井上勝(鉄道制度創設者)など明治日本の動脈を作った優秀な門下生を輩出した。
同志社の創設者「新島襄」が箱館からアメリカへ密航したのも、諸術調所に入るために箱館にやってきたのに、斐三郎が江戸へ出てしまっていたための行動であったとも言われている。
内外共に多難な幕末期、開明的で進取積極の精神に満ちた人々と学舎があって、その成果を全国に及ぼした事実は、市民は誇りとするところであり、その魂は常に新しい時代の開拓にために行き続けることであろう。 (説明板参照)


進取積極の精神というのは今の世にも必要ですね。



=============================================
所在:北海道函館市弥生町
評価:

元町公園自体が観光名所であり、周辺に面白そうな建築物やスポットが多い中で、館跡の説明をしっかり出しているところに好感を持てます。館主である河野氏の供養塔が称名寺にあるので(津軽陣屋参照)、余裕のある方は合わせて見学するのもいいでしょう。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: