FC2ブログ

記事一覧

津軽陣屋 ~初期の津軽藩陣屋~

函館で津軽陣屋と言えば千代ヶ岡陣屋がよく知られており、「陣屋通り」という名前が残っていますが、それ以前の津軽陣屋というのは、旧西小学校から西中学校にかけた一帯にありました。



P5090032.jpg
函館市立西中学校

遺構は特にありませんが、函館港を見下ろす高台にあり、陣屋を築くには良い場所と思えます。



P5090033.jpg
こちらは隣接する旧西小学校

地図を見ると学校表示になっていないので、廃校になってしまったようです。

寛政9年(1797)、蝦夷警備を松前藩だけに任せておけないと判断した幕府は津軽藩に出兵を命じ、寛政10年(1798)津軽藩は箱館のこの地に陣屋を置いたが、翌寛政11年、千代ヶ岡陣屋を設置して移転します。



P5090029.jpg
すぐ山側にある称名寺

境内には宇須岸河野館の館主・河野政通の供養塔や北方開発と函館大火復興の功労者・高田屋嘉平の顕彰碑と一族の墓、土方歳三と新撰組隊士の供養塔などがあります。



P5090034.jpg
ほかにも東本願寺函館別院や實行寺など寺院が多くあるところです。



=============================================
所在:北海道函館市弥生町
評価:

遺構も表示物もありません。称名寺などの寺院訪問のついでに流し見するくらいで十分でしょう。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: