FC2ブログ

記事一覧

白老チャシ ~塩竈神社が祀られる~

白老元陣屋の敷地内、内曲輪の北側にある小山には、陣屋設置以前にチャシが築かれていました。



P5060253.jpg
資料館前から見た白老チャシ

頂上に神社が設置されています。



P5060379.jpg
陣屋側からチャシへ向かうには小川を一本越えるのですが、架かっている橋が腐食しており通行には注意が必要。

橋を渡ったところで奥にこちらの様子をじっとうかがっている小鹿を発見。
カメラを向けると飛ぶように走り去ってしまった。



P5060386.jpg
チャシ跡の小山に設置されたのは塩竈神社。
白老に元陣屋を築いて警備にあたった仙台藩士たちが、国元から神社を勧請して守りとしていました。



P5060385.jpg P5060387.jpg
説明板には神社の由来について記されていますが、チャシのことについては一言も触れられていません。
山上の神社へは階段が設置されています。



P5060388.jpg
山上まであと少し。

階段があるため登りやすいのですが、急勾配のため高速で登ると息が上がります。



P5060389.jpg
山上に到着し下を振り返る。



P5060390.jpg
塩竃神社

陣屋撤退後も地元住民の手により守り継がれており、現在の社殿は昭和29年台風のため倒れた赤松を用いて改築されたもの。この赤松は、元陣屋築造時に仙台から運んできた苗木が大きく育ったものであったといいます。



P5060393.jpg
周囲を一望でき、チャシが築かれるのも納得の地形です。



P5060392.jpg P5060394.jpg
神社の裏手にも舌状台地は続きますが、特に遺構らしきものは見受けられません。
下に降りて、東側から北側へ地形を観察しながら歩いてみましたが、まったくの自然地形です。
この後北側まで進みすぎ、東側を流れる小川を越えることができなくなったため、先の朽ちかけた橋までかなり遠回りして帰還することとなりました。



=============================================
所在:北海道白老郡白老町陣屋町
評価:

遺構は特に残っていませんが、地形的には目立つ場所に位置し、頂上に神社があることやそこまでの参道が整備されていることから、そっちの意味での残存状況はチャシの中でもむしろ良好な部類に属します。そのためかネット上でもそこそこ訪問記が残されているチャシ跡です。ただ現地にチャシの表示物がないのが残念(遺構という意味ではなく標柱的な意味で)。せめて下の塩釜神社の説明板に一言でもチャシの名前が載っていれば、もう1ランク上の評価でした。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: