FC2ブログ

記事一覧

モシリヤチャシ ~市街地に残るお供え山チャシ~

チャランケ砦から続いてモシリヤ砦へ。
こちらも「砦」と書いて「チャシ」と読みます。

このチャシは一般の道路地図にも「モシリヤ砦」として載っていることが多く、少し離れたところからも小山のように目立つため、場所に迷うことはないでしょう。



P5060123.jpg
さて、到着したはいいものの、周囲を一周しても駐車スペースが見当たらず。さらにもう半周回って、やはり駐車する場所がなかったので、裏にあるコンビニの駐車場を借用。ついでにこのコンビニで飲み物を補充しておきました。



P5060124s.jpg
城山町内会案内板の図。チャシの形状がリアル。

東側には仏舎利塔の絵もあります。



P5060128.jpg

国指定史跡 モシリヤ砦

このチャシは、釧路川に面して半島状に突き出た台地を利用して作られている。モシリヤ(川中の島の対岸の丘)は、この付近一帯の地名であり、サルシナイ(葦の生えている沢)チャシ、ポロ(大きい)チャシとも呼ばれていた。
春採湖畔のウライケチャシを築いたトミカラアイノ(宝暦年間に実在)が構築したものとされ、その後の利用者もわかる数少ないチャシである。





P5060130_20151003081624715.jpg
先ほど車でぐるぐる回った時にもざっと確認しましたが、チャシの周囲はフェンスで囲まれており、パッと見た感じ入口が見当たりませんでした。
しょうがないので適当なところからフェンス越しに内部へ。



P5060133_20151003081625ea2.jpg
中央部分の堀切。

釧路川河口に近い丘陵先端頂部にあるモシリヤチャシは、長径約170m、短径約70mの楕円形をなし、南部の内郭(本砦)と北部の外郭(副砦)に分かれています。



P5060140_20151003082503fc4.jpg
内郭から南東方面を望む。北海道教育大や鶴ヶ岱公園が見えます。

内郭下には帯郭状の地形があり、離れて見ると鏡餅のようにも見えるので、「お供え餅型」或いは「お供え山型」のチャシに分類されます。



P5060143.jpg
北東側の眺め。
先ほどの町内会の案内板にあった仏舎利塔の姿が見えます。



P5060146.jpg
内郭西側切岸。
直登はまず困難なほどの傾斜。



P5060147.jpg
内郭から見た北側の外郭部分。
高さは同じくらいか、わずかにこちらが高い程度。
広さは外郭の方が広いようです。



P5060144.jpg
写真ではうまく伝わりませんが、内郭と外郭を隔てる堀は見た目以上に急峻です。
特に内郭側の切岸は全般的に急傾斜ですので、直降する場合は気を付けましょう。



P5060151.jpg
外郭から見た内郭。
虎口・進入路に類するものが設置されているように見えます。



P5060153.jpg
外郭は北側に向かって緩やかに数段に分かれています。
やや削平や隔絶が甘いですが、中世城郭風に言えば連格式の縄張りに近いものです。



P5060157.jpg
そのまま北側に降りていくと、フェンスが一か所だけ切れている場所を発見。



P5060159.jpg
表示は特に何もありませんが、どうやらこの場所が唯一の進入口であったようです。
これから訪れる人は無理にフェンスを乗り越えたりしないで、北側にあるこの入口から入りましょう。



=============================================
所在:北海道釧路市城山1丁目
評価:★★★

本州の中世城郭と比べると特に縄張り面に技巧性があるわけではありませんが、沿革がある程度判明しており、歴史的価値が高いチャシです。チャシとしては規模も大きく、市街地の中にありながらよく遺構が残っているところも高ポイント。釧路を訪れたときはこのチャシだけでも訪問することをおすすめします。
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: