FC2ブログ

記事一覧

北方館・望郷の家

望郷の岬公園内にある施設・北方館と望郷の家。



P5050302.jpg
手前:北方館 奥:望郷の家

それぞれ別の団体が管理する施設ですが(北方館は独立行政法人北方領土問題対策協会、望郷の家は根室市役所北方領土対策課)、2階部分で繋がっていて一緒に見学できるので合わせて掲載します。



P5050317.jpg
入館無料というのがうれしいですね。
公共交通機関利用者の時間調整などにも役立つのではないでしょうか。



P5050318.jpg
望郷の家1階。返還要求の署名をしておきました。

政府にはもっと本腰を入れて返還交渉に力を注いでもらいたいものですが、単純に話し合いを続けるだけでは四島同時返還はまず実現困難でしょう。仮に金をいくら積んだとしても。それほどロシアにとってこれらの島の戦略的重要性は高いということです。
あらゆる手段を駆使してでも何とか落としどころを探ってほしいものですが、まず国内世論が低調なままではどうしょうもないので、手っ取り早く国内の啓蒙を図る施策として、立法府は「日本国籍を有する成人で北方四島の位置と名前がわからない者には過料を科す法案」でも作成してみたらどうでしょう。安保法案ですら通るくらいだから、この程度の法案は簡単な気もしますが。



P5050320.jpg P5050321.jpg
市街図・集落図・住居表示図等



P5050325.jpg
北方領土の面積は、千葉県・愛知県・福岡県とほぼ同じ。

北方領土より小さな都府県は18ある(埼玉・東京・神奈川・山梨・富山・石川・福井・滋賀・京都・大阪・奈良・和歌山・鳥取・香川・徳島・佐賀・長崎・沖縄)と書かれていますが、正確には福岡も小さいほうに含まれるので、北方領土より面積が小さな都府県は19あるということになります。
京都や和歌山ってそれなりに広い印象があったのですが、北方領土はそれよりも広いんですね。

日本の離島の中で面積が大きな島は順に沖縄本島(1,207k㎡)・佐渡島(855k㎡)・奄美大島(713k㎡)・淡路島(593k㎡)ですが、国後島の面積は1,489k㎡で、沖縄本島をもしのいでいます。さらに北方領土最大の択捉島の面積は3,167k㎡で、国後島の倍以上の広大な広さです。
(*数値は外務省作成資料「われらの北方領土」2014年度版等から。写真にある数値とは一致しないところもあります。)



P5050328s.jpg
納沙布岬より歯舞群島を望む



P5050329.jpg
貝殻島灯台

貝殻島(かいがらじま、露:Остров Сигнальный)は、いわゆる北方領土の歯舞群島にある低潮高地。低潮時には海面上に有るが高潮時には水没するため、国連海洋法条約で言うところの島ではない。ロシア語地名は、シグナリヌイ島(Остров Сигнальный=灯台島の意)。
地名の由来は、アイヌ語の「カイ・カ・ラ・イ(波の・上面・低い・もの<岩礁>)」から。

納沙布岬と水晶島を隔てる海峡、珸瑶瑁水道のほぼ中間地点にあり、納沙布岬からの距離は3.7kmである。島というよりは岩礁に近く、1937年に日本により建設された貝殻島灯台がある。貝殻島灯台は灯台基部と共に基礎部分の劣化が進み、傾いた姿が納沙布岬から目視で確認できる。灯台はロシアが現在も管理・維持を続けており、消灯と復旧を繰り返している。ただし、前述の通り灯台は劣化が進んでいるため、機器劣化(主に電池の消耗)のために消灯した場合、ロシアが復旧するまで消灯状態が続く。消灯期間が長期に渡った例としては1999年から約3年間に渡って消灯したこともある。
(wiki参照)




P5050330.jpg
続いて2階に移動。千島列島の模型があります。



動画



得撫島以北も含めると長大な列島です。



P5050340.jpg P5050347.jpg
一続きになっている北方館側へ移動。
2階では双眼鏡で北方領土を眺めることができます(無料)。ロシアの巡視艇らしきも見えました。
北の大地の動物たちの剥製も勢ぞろい。



P5050346.jpg P5050348.jpg
P5050350.jpg P5050351.jpg
各種展示資料

エトロフ島大概地図(間宮林蔵)・蝦夷志(新井白石)・休明光記・魯斉亞国記聞・松前島郷帳・嘉兵衛の手紙・北海道附属島嶼復帰懇請陳情書等々。



P5050343.jpg P5050342.jpg
(左)日露通好条約(日露和親条約・下田条約):1855年

(右)樺太・千島交換条約:1875年



P5050354.jpg
古地図も多く展示されています。こちらは蝦夷図(正本は旧昌平坂学問所所蔵)。
近藤重蔵が享和二年(1802)に描いたもので、カラフト・エトロフ・ウルップ島がかなり正確に描かれています。



P5050356.jpg
錦絵っぽい絵図。北方領土を描いた3枚のうちの一つ。
こういったもの大好きです。



P5050359.jpg
北方領土エリカちゃん。北方領土の周辺海域で生息する海鳥の女の子。
「エリカちゃん」の名前は、アイヌ語で「くちばし(etu)が美しい(pirka)」を意味する鳥のエトピリカに由来。

エリカちゃんは北方四島が大好きで、四島それぞれにエトピリカのお友達が住んでいます。
・エリマルくん(択捉島) くいしん坊の大食らい。地元の食材を使った料理が得意。
・エリオくん(国後島) エリカちゃんのボーイフレンド。アウトドア好きの登山家。
・エリヨシくん(色丹島) 植物や鳥など地元自然の生態に詳しいナイーブでインドアなハカセタイプ。
・エリナちゃん(歯舞群島) エリカちゃんの親友で活発な女の子。

こちらでも署名をしたら、職員の方から記念品や「北方領土視察証明書」を頂けました。
エリカちゃんティッシュももらえて満足。ありがとうございました。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: