FC2ブログ

記事一覧

望郷の岬公園

オーロラタワーのすぐ北側にあるのが望郷の岬公園。

当初はすぐに納沙布岬に向かう予定でしたが、この公園にいろいろとモニュメントや碑が設置されているのが見えたので、少し立ち寄ってみます。



P5050289.jpg
巨大なモニュメント 四島のかけ橋

歯舞・色丹・国後・択捉の四島(歯舞は諸島)が支えあっていることを表すシンボル。
これらの島の祖国復帰を願い建立されています。



P5050296.jpg P5050297.jpg
オーロラタワーのお膝元                    各種碑文



P5050298.jpg
きぼうの鐘

「響く鐘の音は四島の返る日まで北方の島々に鳴り続けます」とあります。
私も鳴らしておきました。

ちなみに私は先ほど歯舞「諸島」と記しましたが、この地の説明板はすべて歯舞「群島」の表記で統一されています。小学生時代から歯舞諸島で認識していた私にとって違和感がありましたが、確認したところ、2008年に国土地理院が歯舞諸島の名称を歯舞群島へと正式に変更していました。これは知らなかったなあ。



P5050304.jpg P5050310.jpg
寛政の蜂起和人殉難墓碑(根室市指定史跡)

ノツカマフチャシでも述べたクナシリ・メナシの戦いで犠牲となった和人の供養のために造られた墓碑。
文化九年(1812)に造られたと刻まれているが、発見されたのは百年後の明治45年、納沙布沖に近い港の浜であり、建立時の詳細は不明。海上輸送の途中に船が難破したものと推定されています。



P5050311.jpg
北方領土図

ここから見えるのは歯舞群島の中でも近い島が主となりますが、望遠鏡を使うと遠く国後島までも見ることができるということです。



P5050312.jpg
納沙布岬の標柱

ここが納沙布岬かと錯覚してしまいそうですが、本当の岬は数百m離れた場所にあります。



P5050314.jpg
灯台の見える向こうの岬が離島を除く本土最東端の納沙布岬。



P5050293.jpg
この日はよく晴れていたのですが、白いもやがかかっていて視界は最高というわけではありませんでした。
それでも肉眼でぎりぎり北方領土(水晶島)の海岸線を認識することができました。デジカメのズームを使うとはっきりと確認できます。

後日知りましたが、この日は大陸から黄砂が10年ぶりに道東まで飛来した日であったということです。
黄砂がなければもっとくっきり見えただろうと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: