FC2ブログ

記事一覧

ノツカマフ2号チャシ ~根室半島チャシ跡群④~

根室市内にあるチャシ跡のうち国指定史跡となっているものは24ヶ所ありますが、未整備だったり私有地だったりで、実際に現地を見学できるものは限られているようです。
そのようなチャシの中でも、特に整備状況が良好なもののうちの一つが、このノツカマフチャシです。



P5050146.jpg
根室市観光インフォメーションセンターから、r35を納沙布岬に向けて東進。

快走路を走行すると、前方に風力発電の風車が二基見えてきます。



P5050149.jpg
風車を越えて道がカーブし終わったところに、海側にノツカマフチャシへの入口が開いています。やや古めのものと新しめのものの2つの標識が立っているので、普通に走っていれば見逃すことはありません。

観光インフォメーションセンターで入手した資料には駐車スペースは2台分程度しかないと書かれていましたが、その通り、先客の車と私の車の2台でぴったり限界です。



P5050153.jpg
この駐車場からチャシまでは200mほど。
前方には説明板と標柱らしき。
海に見える船は漁船でしょうか。こんなところに遊覧船なんか来ないですよね。



P5050155.jpg
葉の落ちた林を通り抜ける。

葉の付いた時期に通れば緑のトンネルのようになるのでしょうが、この時期だと寂しい感じを受けます。



P5050156.jpg
夕暮れ時に通ったら、ちょっと怖いくらいの雰囲気です。

洋画のホラー物に出てきそうな景色だなと思ったほど。



P5050157.jpg
林を抜けた。

気持ちのいい光景。



動画



中間地点でぐるり一回り



P5050160.jpg
ぼこぼこぼこぼこ・・・

非日常の光景。どことなく日本離れしている。



P5050161.jpg
分岐

この表示だと左がノツカマフ1号チャシだと感じてしまいますが。



P5050164.jpg
左に進んだ先にあった標柱はノツカマフ2号チャシのもの。
まあ距離は近いのでどちらがどっちでもいいんですけれどね。ということで2号から先に紹介。

このチャシは1条の半弧状の壕が掘られ、ノツカマップ湾を臨んでいます。



P5050168.jpg P5050167.jpg
この壕は非常に浅く、未完成であった可能性もあるようです。



P5050170.jpg
北の海を臨む

さっきの船の姿は消えていた。



P5050173.jpg
望遠レンズで

遥か東方に見えるあの塔は・・・



P5050174.jpg
チャシ中心から振り返って。

風車が勢いよく回っていた。



動画



2号チャシ中心から。



=============================================
所在:北海道根室市牧の内
評価:★☆

海に突き出し、湾を臨む位置を占める要害。クナシリ・メナシの戦いがあった場所ですが、詳細は1号チャシの方で触れます。本州の中世城郭を見慣れていると、砦としては防御が薄すぎると感じてしまいますが、それ以外の複数の用途もあったのでしょう。ただチャルコロフイナチャシでも感じましたが、これだけ近接しているチャシを1号・2号に分ける意味はあるのでしょうか・・・
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: