FC2ブログ

記事一覧

佐土原城② ~伊東四十八城要の城~

14世紀半ばごろに伊東氏の一族田島休助によって田島城として建てられた。
1427年頃、田島氏は日向国に勢力を伸ばしてきた伊東氏から城を追われ、伊東祐賀が入城。佐土原氏を名乗る(このころから通称として佐土原城とよばれだした)。 さらに1480年に伊東本家筋から伊東祐国が佐土原氏の養子に入り、正式に伊東氏が田島城佐土原城)を支配。伊東四十八城の一つに位置づけられた。
1536年に焼失。1542年から1543年に、田島城佐土原城)の跡地に新しく鶴松城(かくしょうじょう)として建てられた(通称は佐土原城)。
その後、伊東氏は島津義久に敗れ豊後に逃れ、義久の実弟島津家久が城主として入った(高城の合戦)。
1587年に豊臣秀吉が九州に侵攻、島津義久は秀吉の傘下に入る。その直後に家久は急死(死因については暗殺などの諸説ある)、息子豊久が城主となる。
1600年の関ヶ原の戦いで島津家は西軍に参加。豊久は戦死し、徳川家康の家臣、庄田三太夫が一時的に預かるという形になったが、その後1603年に島津以久が3万石を領して入封、以後明治まで領した。
1625年に二代藩主島津忠興の代に、山の上の建物を壊して、麓にある二の丸に館を移した。この際に正式名称が本家の鶴丸城と同様に「鶴」の文字をおいた松鶴城(しょうかくじょう)となる(通称は佐土原城)。
1870年に広瀬(現・宮崎市佐土原町広瀬)に移転したため、建造物は全て破却された。ちなみに移転先の広瀬の城も廃藩置県のため未完のまま取り壊された。
1993年、発掘調査の成果をもとに二の丸御殿の一部が復元された。

(wiki参照)


資料館の次は山城探訪に向かいます。



P9270031ss1.jpg
資料館前にある案内板。
山城部分には、このようなイラスト付きのオリジナル説明板(陶器製)がいたる所に設置されています。
このイラストを見つけるのも軽い目標にしてみます。

???「本丸に殿様がいるのじゃ。



P9270079.jpg P9270080s.jpg
鶴松館の管理人らしきさんから山城の入口は資料館脇の鉄塔の裏側と教えてもらっています。
鉄塔はすぐ見つかりましたが、裏側へ行くには少し大回りをしないといけません(最短距離は激藪)。
鶴松館の裏に回ると、花菖蒲園が広がっています。こちら側から山城への登城路があります。



P9270083s.jpg
さっそくありました。特製のイラスト入り説明板(板ではないが)。
追手(大手)道をV字型に深く切り込ませ、その底を進むようになっています。

イラストでは両側を切り立った崖に挟まれています。
こんな登城路さすがに大げさだろうと思われる向きもあるでしょうが・・・



P9270084.jpg
実際の登城路

イラストの通りでした。



P9270085.jpg
こんなところ一列縦隊で突撃なんてしたら、一方的に守備兵に攻撃され放題です。
先陣は絶対拒否しますよ。

なお、平時にはこの両側の壁が風よけの役割を果たしていたので、登城に便利だったといいます。



P9270093.jpg
堀底道を終え少し進むと、一目でそれと分かる地形が現れます。

堀切ですね。



P9270094s.jpg
初心者にもわかりやすくイラスト付きで説明されています。
堀切一つにここまでスポットを浴びせるのもなかなかありません。

堀底を歩いてくると実感わきませんが、尾根伝いに攻めて鋭角な堀切に遭遇すると、結構冗談じゃなくこのイラストの武将みたいに立ち往生してしまうことがあります。

それにしても「わっ 堀切でこれ以上進めないぞ。」って。



P9270096.jpg P9270097.jpg
近くにあった謎の横穴。

「キケン!はいらないでください」の表示があり、水も滴っていたので入口から覗いたのみ。

どこまで通じているのか・・・



P9270098.jpg P9270099.jpg
さらに少し進むと「南の城」への分岐。

南九州の城は、それぞれの曲輪のことを「城」として呼ぶケースが多いようです。
一般的な「ナントカ丸」とか「ナントカ郭」と意味は一緒。

南の城へは結構な急勾配を登ります。



P9270100s.jpg
一段上の曲輪にあったイラスト

???「南の城の枡形虎口の守りはかたい。



P9270102s.jpg P9270103s.jpg
もう一段急勾配の道(虎口)を登って、南の城到着。

標柱やイラスト説明板あり。



P9270104s.jpg
南の城

佐土原城の南と東の二つの尾根の合流点に位置し、防御上きわめて重要な曲輪。
本丸へ向かう敵は、どうしてもこの曲輪を攻略しないといけません。

???「南の城が本丸を守ってくれる。



P9270108.jpg P9270109s.jpg
来た道を戻り本丸方面へ進むと、土壇状の地形が。
ここが本丸かと思いきや、本丸はまだ先。
イラストはかわいいが、マムシ注意の表示は結構危険。



P9270111.jpg P9270112.jpg
なかなかな道を登っていくと・・・



P9270114s.jpg
本丸虎口にあたります。

このイラストほどはっきりはしていませんが、進入路の屈曲具合と両側からの側射の形は今も残っています。
門や塀は残っていません。



P9270116.jpg
本丸に到着。



その③へ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: