FC2ブログ

記事一覧

富隈城 ~島津義久の隠居城~

文禄4年(1595年)、豊臣秀吉により強制的に隠居させられた島津義久はそれまで居城としていた内城を退去する事態に追い込まれ、急遽薩摩国と大隅国の境にあり、港が近くにあるこの地に屋形を築いた。これが富隈城である。通常島津氏の城は裏山に後詰めの山城があるが、この富隈城にはそれに当たる物が無く、秀吉に対して恭順の意を表したとも、或いは秀吉に圧力を掛けられたとも言われている。周囲は南北250m、東西150m、高さ30m余りであり、かつては堀があったとも言われるが、単に丘の上に屋敷がのっかっているだけであり、防御面には非常に弱い城であった。
慶長9年(1604年)、島津義久は隣の国分に新しい城・国分城を築いて移り、富隈城は廃城となった。
義久がこの地に移転したのは不本意なことであったらしいが、その僅かな在城期間に城下の浜之市の港を整備して商人を招き、江戸時代には坊津、山川等と並ぶ薩摩藩内では栄えた港の一つとなった。この地で行った開発を義久は国分で引き続き行っており、実験的な城下町の一つだったと考えられる。

(wiki参照)

霧島市隼人町住吉、富隈小学校東の稲荷山公園とその南のNHK鹿児島放送局隼人ラジオ放送所の一帯が城域です。



P9260306.jpg
周囲の道路は内部より一段低く、堀跡であったと思われます。
城の南面は現代的な擁壁に覆われてますが、写真にある東面の石垣は往時のもののようです。
肥後八代の種山の石工が築いたものだと伝えられています。

東側から城内の公園へ入れます。車も公園内に停めることができます。



P9260308s.jpg
富隈城は島津16代義久によって築かれた城で、平地にあり、小山を本丸代わりにした平山城です。この城は東西約150m、南北約250mの方形で西・東・北側に堀があったといわれ、現在は北と東側に堀の跡が残っています。城の造りは、天守閣がない館形式で城門も茅葺きであったということです。西側や東側には、野面積みという技法で積まれた石垣が残っていますが、これは肥後(熊本)八代の種山の石工たちが築いたものだと伝えられています。
義久は、文禄4年(1595)から慶長9年(1604)まであしかけ10年間ここに居住しました。義久が富隈に来たのは、豊臣秀吉の島津征伐に敗れ、降伏した意志を表すため、鹿児島の城を弟義弘の息子家久に譲り、富隈に隠居の形をとったためだといわれます。義久在城の間、朝鮮出兵、関ヶ原の戦いなどが相次ぎ、日本は激動し、島津氏にとっても苦難の時代でした。義弘が関ヶ原で家康の本陣を突き、敵中突破してわずかの家臣と帰り着いて、兄と対面したのもこの富隈城でした。朝鮮出兵にも富隈衆が多数参戦しました。また秀吉の勘気にふれ、文禄元年(1592)薩摩の坊津に流された近衛信輔(関白の位に就く、書道の達人で三藐院流の祖)も、文禄5年(1596)許されて帰京の途中この城に立ち寄り、歌会や能楽等を行っています。

(説明板参照)



P9260310.jpg P9260311s.jpg
城内稲荷神社への階段と城址碑。
ここで公園にいたひとりのおじさんに話しかけられました。車のナンバーと、説明板や城址碑の写真を撮っている姿から、私のことを城館マニアと察知したようです。
この方から「特に何もないけど、頂上まで登ってみるといい」と勧められたので、ちょっくら行ってみることにします。



P9260312.jpg
まずは島津氏が氏神として崇拝した稲荷神社から。

大昔、この付近は海で、住吉崎として住吉一神だけ祭られていましたが、永和元年(1375)大隅の守護職、第6代島津氏久が島津の元祖、忠久・忠久夫人と合わせ祭って、一ノ宮大明神としました。その後、島津義久が富隈に居住した慶長4年、さらに島津氏の氏神、稲荷神を勧請して稲荷神社と称しました。こうして、もともと住吉崎の漁業・航海の神社に、五穀豊穣の神様が加わり、今に変らぬ人々の尊崇をあつめています。
(説明板参照)



P9260314.jpg P9260315.jpg 
稲荷神社の脇から小山の頂上へ延びる階段。
ダッシュで駆け上がり頂上着。



P9260320.jpg
小山ながら、周囲が平地なので見晴らしは良好です。
辺田小島と、その奥には桜島が霞んで見えます。



P9260319s.jpg P9260304.jpg
NHKラジオ放送所があるところは二の丸か。拡大すると虎口状の部分が見られます。
立ち入り禁止となっていますが、この部分が大手門の跡かもしれません。



=============================================
所在:鹿児島県霧島市隼人町住吉
評価:★★

麓の駐車場に戻ったところ、先ほどのおじさんから「もう行ってきたの?」と言われてしまいました。写真の撮影時間から判断するに、さっき声をかけられてから2分くらいしか経過していなかったので、本当に上まで見てきたか疑わしく思われるのも無理ないことかも。このブログを見てもらえればちゃんと証明できるのですが(笑)
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: