FC2ブログ

記事一覧

熊本城⑨ ~再訪を誓う~

P9250452.jpg
数寄屋丸二階御広間を出たところ。奥に見えるのは本丸御殿。
ここから見ると、石垣の段が1階部分までせり上がっており、南側からは平櫓に見える不思議な櫓です。
ちなみに現在私が立っている数寄屋丸南東隅はかつて数寄屋丸五階櫓があったところ。



P9250451.jpg P9250454sa.jpg
南側の眺め。手前の工事中の部分は西櫓御門跡。
その⑥の御殿内展示にもあったとおり、この西櫓門と付属する百間櫓は今後復元予定の部分。
さらには現在地の数寄屋丸五階櫓も復元予定。今後が楽しみです。

なお奥に見える大きな櫓は復元された飯田丸五階櫓
今回の攻城でうっかりした事が、この飯田丸五階櫓の内部に入り漏れたこと。
あまりの暑さに若干意識が朦朧としていたかもしれません。
これは次回への宿題としておきましょう。


そのほか単発の写真を公開。


P9250486s.jpg
その①で内側から見ている未申櫓。下から見上げるとより立派。

このあと備前堀越しに飯田丸五階櫓も下から眺めていますが、走行中で写真撮れず。



P9250487.jpg
行幸橋から見た長塀。走行中に撮ったものなのでこんなの。
平御櫓から馬具櫓まで、日本一長い塀建築遺構。
次回訪問するときにはまず外周歩きから始めたいなと。



P9250459s.jpg
「行ってよかった日本の城」2013・2014第1位!

ちなみにここまで天守内や本丸御殿で100名城スタンプの設置場所が見つからず若干焦っていたのですが、頬当御門から入ってすぐのところにある受付で申し出るとスタンプを出してくれました。
無事押印、良好。これで82城目。


さて、頬当御門から退出し駐車場へと戻る前に、熊本城で一番の写真スポットへと向かおうじゃありませんか。



P9250464.jpg
その③で紹介した宇土櫓。

本丸側からの姿や建物内部もチェックポイントですが、一番のベストショットは空堀越しの外側からの姿。



P9250465.jpg
まさに威風堂々



P9250467.jpg
ここですよ。様々な雑誌にも取り上げられている有名な光景。
小学館名城百選の表紙もこの場所からのショットです。



P9250476.jpg
今回のベストショット。

暑かったけど、いい天気でよかった。


~ ~ ~ ~ ~


駐車場帰還。ジャスト2時間で延長料金を取られずに済みました。
展示物を見るのにかなり時間をとられたことを考慮しても、私が2時間動きっぱなしというのは他の城のケースと比較しても群を抜いて時間がかかっています(*)。それだけ見ごたえ満点だったということです。

(*注)私は攻城モードに入ると相当歩くのが早くなるようで、特に山城では本丸まで1時間と表示されているところを15分で到達とかもよくあります。山城の到達表示時間は通常かなり甘めに設定されているので、単純な比較はできませんが。


P9250485s.jpg
それにしても暑かったなあ。
10月目前なのに気温34度。ここは灼熱の地群馬か。
車内温度は50度くらいだった。



=============================================
所在:熊本県熊本市中央区本丸
評価:★★★★★

当サイトでは五つ星が上限となっているため、どんなに素晴らしくとも星6つ以上の表記にはなりませんが、特例で五つ星を超える赤五つ星評価といたしました。赤五つ星評価に該当するのはあとは江戸城大坂城姫路城くらいで(名古屋城はボーダーライン)、まさに日本三名城の面目躍如といったところです。今回見逃した部分も当然多く残っているので、次回探訪時(15年後くらい?)の楽しみとしておきます。そのころは今とどのくらい変化しているかなあ・・・
=============================================
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: