FC2ブログ

記事一覧

カーフェリーで火の国へ

現在地の島原から明日の探訪の地である熊本までは、陸路で進もうとすると恐ろしく大回りをしなければなりません。
ここで時間短縮の大きな手助けとなるのがカーフェリーの存在です。



P9240470.jpg P9240472.jpg
島原港フェリーターミナル。

ここから島原-熊本間最速30分(島原発熊本行きは熊本港周辺海面作業の安全確保のため、9月から5月までは減速して10分程遅延)のオーシャンアロー号に乗船します。

プリウス号、運転手込みで料金3,700円。
カーフェリーってもっと値が張るようなイメージだったので、思ったほどバカ高くはないかなという印象。



P9240476.jpg P9240477.jpg
出航時間までターミナル内をぶらぶら。
土産物のお店などが充実しています。



P9240487.jpg P9240488.jpg
出航時間が近づいたので、いよいよ船内へ。
面倒な手続きはなく車でそのまま乗船。



P9240493.jpg P9240494.jpg
船内の様子。小奇麗な空間。
備え付けのモニターには大相撲9月場所が放映されていました。

オープンデッキに出るのも自由。

この日はたまたまかもしれませんが、船内に中国人団体客が多く、やたら大声で話しまくっていました。
別に迷惑行為をしているわけではないのですが(大声でしゃべるのも迷惑行為と言えなくはないが)、よくもまああんなにずっと話し続けられるものだなあと。おばはんか。



P9240502.jpg
高速船をうたっているだけあり、いざ走り出すと結構速いです。
台風の影響もあるかもしれませんが、デッキに出るとかなり強い風を受けます。



P9240504.jpg P9240503.jpg 
写真だとそんなでもなさそうに見えますが、普段よりも幾分波が高いという内容の船内放送があった記憶があります。



P9240510.jpg
船首には出ることができないので、デッキからは船尾方向の写真のみ。

40分ほど船旅を楽しんで、ついに火の国に上陸。
この日は熊本市内に宿泊しました。


翌日、いよいよあの城に登城します。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: