FC2ブログ

記事一覧

玖島城① ~大村氏270年の居城~

玖島城は、慶長4年(1599年)初代藩主大村喜前(大村家19代)が築城してから12代藩主純熈(大村家30代)まで、270余年間大村氏の居城でした。
喜前は秀吉の死後、天下の乱れを恐れて防備を固くするため、朝鮮の役での教訓を生かし、三方を海に囲まれた要害の地玖島を選んで本城を築き、三城城よりここに移りました。
慶長19年(1614)大改修を行い、最初北側にあった大手を、現在のように南側に移しました。この大改修の設計を、築城の名人加藤清正に指導を仰いだと伝えられています。本丸には天守はなく、平屋の館がありました。城の石垣は当時のまま良く残っており、特に南堀に面した石垣の美しい勾配は壮観です。
海に囲まれた玖島城には、御船蔵(おふなぐら)、新蔵波止(しんぐらばと)、船役所跡など海運に関する施設が多く残っており、海城の特徴を見ることが出来ます。また、遠浅のため敵の兵が上陸できない上、城近くの遠浅の海の中には捨堀を設けるなどしていましたので、一見平凡そうに見えても難攻不落の名城でした。
明治17年(1884)本丸跡に歴代の藩主を祭る大村神社が建てられ、現在では桜・つつじ・花しょうぶが咲き競う大村公園として広く市民や観光客にも親しまれています。

(「大村観光ナビ」参照)

この城は別名大村城ともいい、そちらの名称で掲載しているサイトも少なからずありますが、ここでは現地表記の玖島城で統一します(三城城で遭遇した管理人らしきさんもこの城のことは玖島城と呼んでいました)。



P9240041.jpg
大村公園に到着。無料駐車場も完備。
先ほどから雨足が強まったり弱まったりを繰り返しており、今現在はやや弱まっている状態。
このまま探索する間だけでも弱雨のままでいてくれればよいのだが。



P9240043s.jpg
案内図

公園として見ても楽しめそうです。



P9240045.jpg
公園内に入ると大きな池があります。「桜田の堀」と呼ばれ、かつての堀跡です。
往時の絵図によると遠浅の海とも繋がっていたようです。



P9240046.jpg
池を横断する橋。中の島を経由して2つの橋が架かっています。
中の島には川原悠々の句碑が一つ。

今朝の秋風は付ても来ざりけり

この橋を境に北側の池を桜田の堀、南側を角堀と呼ぶようです。



P9240051.jpg P9240052.jpg
玖島崎樹叢(県指定天然記念物)

玖島城の本丸を取り囲むように茂る自然林。諫早が北限とされていたヒゼンマユミが樹叢内でいくつも発見されたことが注目されているとあります。玖島城の林は、江戸時代には既に大きな樹木があったようで、大村を来訪した文人の日記にも城の建物が見えないというエピソードが出てきます。



P9240053.jpg
花菖蒲園。かつての長堀跡に植えられています。
肥後系と江戸系の花菖蒲80種以上が咲き乱れ、その様子は西日本随一という。



P9240056_20150302192039a78.jpg
花菖蒲園を左手に眺めながら城の南側へ回ると、目前に石垣の門が現れます。



P9240057.jpg P9240059.jpg
穴門。これを潜ると大手枡形内に入ります。
上部がなかなか珍しい構造をしているので一見の価値あり。
この時、急に雨が強くなり傘も役に立たないほどの勢いだったため、暫しこの穴門内で待機。
しばらくこの不思議な構造の穴門上部を眺めていました。



P9240062.jpg
雨足が弱まったので探索再開。
大手枡形からいったん外に出て、大手門の様子。立派な構え。



P9240063.jpg P9240061.jpg
大手門の手前で、左右を眺める。
(左)南堀跡。花菖蒲園になっています。
(右)長堀跡。先ほどから眺めてきたとおり、こちらも花菖蒲園。



P9240065.jpg
左手花菖蒲園の先には、再建された板敷櫓と高石垣がそびえます。
一目で近世城郭とわかる城内一の撮影スポット。
あちらへは最後に向かうとして、ますは城内を散策することにします。



P9240066s.jpg
説明板

城の沿革のほかにも案内図あり、見どころの解説ありで極めて完成度高し。



P9240068.jpg
改めて、大手門から入城。
手前の「南堀跡」の標柱によると、大手門左手手前の南堀は、慶長19年(1614)の改修時に大手口を南側に移した際に作られたといいます。

その奥に「大手門跡」の標柱が建っていますが、表面劣化により説明文が解読不能。



P9240075s.jpg P9240074.jpg
大手虎口内。立派な城址碑があるだけで嬉しくなります。
もう一つあるのは、斉藤歓之助の碑。

斉藤歓之助は、幕末江戸の三剣客の1人、神道無念流 斉藤弥九郎の三男として、天保3年(1832)江戸に生まれた。斉藤弥九郎の道場は練兵館といい、江戸でも有名な道場だった。 この門下には、長州の桂小五郎や大村藩の渡辺昇もいた。 歓之助は嘉永7年(1854)大村藩主純熈(すみひろ)に招かれて、俸禄百石を賜り、剣術師範役となった(後に加増されて百五十石)。 歓之助は、激しい稽古から鬼歓という仇名があるほどで、得意の突きは天下無敵といわれた。 幕末において、大村藩では一刀流、新陰流などが採用されていたが、実践に強い剣術を採用する事となり、神道無念流の歓之助が招かれた。以後、藩内は神道無念流への入門が相次ぎ、歓之助の門弟は千人以上に達したといわれている。 道場は上小路下りの屋敷の中にあり「微神堂(びしんどう)」と称した。 この道場で学んだものが、戊辰の役で多く活躍したといわれている。 歓之助は、残念ながら若くして病気を患い、廃藩置県後、東京に移住し、明治31年(1898)66歳で亡くなった。 「微神堂」は、道場に掲げられた扁額が弟子によって受け継がれ、現在の杭出津の微神堂へとつながっている。 この碑は、柴江運八郎らの門弟が、師の功績を顕彰して建立したものである。
(説明板参照)



P9240079.jpg P9240081.jpg
大手門から本丸へと向かう登城路。現地標柱によるところの枡形。
屈曲を重ねています。



P9240083.jpg P9240084s.jpg
二の丸へ出る直前、眼前に現れる木が県指定天然記念物の「大村城跡のマキ」。



P9240085.jpg
石段を上がると二の丸へ到着。
おや、ここまで車で来られるのですね。


その②へ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: