FC2ブログ

記事一覧

直鳥城にてアクシデント発生

あまり書きたくないことだが、探訪記を残す上ではこういったことも記録しておかなければなるまい。


P9220365.jpg
直鳥城探索終了後。次の目的地は蓮池城
時間も押してきているので、さっそく出発。
バックで切り返すと・・・

「ゴットン」

おっと失礼、縁石に乗り上げてしまった。まあよくある。

・・・?なんか違和感が?
非常に嫌な予感が・・・



P9220366.jpg P9220369.jpg
なんじゃこりゃ~

やってしまった。人生2度目のパンク体験。
縁石の角の尖った部分にギリギリの角度で乗り上げてしまったようだ。
普通に乗り上げるだけなら何事もなかったろうに。むしろパンクさせようとしてもさせることの方が難しい。
そういえば人生一度目のパンクは先代プリウス号で岩鼻陣屋探索後に発生したのだが、あの時も探索後にコンビニから車を出す際、縁石に変な角度で乗り上げてパンクしたんだった(記事には書いていないが)。

高速を1300kmぶっ通しで走ったり、日本全国あらゆる悪道を走破したりしたが、そういった走行中ではパンクなどただの一度も発生しないのに、こういう何でもないところで発生するのだから恐ろしいものだ。



P9220367.jpg
はあぁ。ショックだ。
大抵のことはまあいっかで済ませられるが、車へのダメージは超ショック。
私にとって車は単なる乗り物ではなく、移動式要塞のようなもの。
宿がなければ車で寝ればいいし、帰りたくなったら自分の意志でいつでも帰ることができる。
遠方地であってもスタンスを変えずに攻城に専念できるのは、すべてこの愛車があってのこと。
要塞本体にダメージが出れば、とたんに私の攻城能力は羽根の取れた蝶々(=ゴミ虫)レベルになってしまう。



P9220370.jpg
ここから少しの間、スペアタイヤでの走行となる・・・


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: