FC2ブログ

記事一覧

生野代官所 ~天領陣屋~

生野平城生野陣屋とも。

生野奉行(いくのぶぎょう)は、織田信長、豊臣秀吉および江戸幕府により置かれ、生野銀山を管理した。1716年(享保元年)、生野銀山の産出量減少のため、生野代官(いくのだいかん)に組織変更された。
奉行所・代官所は、現在の兵庫県朝来市生野町口銀谷の生野小学校付近にあった。
江戸時代の生野奉行は11代、代官に改組後は28人が勤めた。代官には旗本が任命され、生野銀山の後背地となっていた但馬国、播磨国、美作国の天領も統治した。なお、統治規模は但馬国最大の藩である出石藩よりも大きく、江戸時代初期は5万2千石、江戸時代末期には8万2千石に達していた。
江戸時代後期の1863年(文久3年)10月には生野の変での挙兵によって代官所が占領されてしまっている。生野の変は、天誅組の変とともに明治維新の導火線となったと評価されている。
明治維新後の生野代官所支配地は、府中裁判所、久美浜県、生野県となった後、豊岡県、姫路県、北条県に分割・編入された。現在は、兵庫県および岡山県の一部となっている。

(wiki「生野奉行」参照)


[000788]
生野小学校前にある観光駐車場。
広くて無料なのはありがたいのですが、日陰がありません。
この猛暑の中、日陰がないのは死活問題。



[000789]
駐車場の隣の一角に説明板が設置されています。

天文十一年(1542)山名祐豊は生野銀山経営の拠点として生野城を築城しました。三層の天守閣、隅櫓、外堀をそなえた城で、侍屋敷、町家、寺社も整い繁盛したと記録に遺されています。
その後、銀山の経営は太田垣、織田、豊臣と変わり、関ヶ原の戦いを経て徳川氏に帰属し、この城の本陣を代官所としました。寛永六年(1629)には天守及び隅櫓を取り崩しましたが、270年にわたって銀山経営の中心でした。
明治維新により銀山は政府直轄となり、明治二年(1869)生野県設置とともに、代官所を県庁舎としました。
明治四年(1871)生野県が豊岡県に統合されると同時に建物は除去され、城壁と外堀のみが残りましたが、大正末期には全部が取り壊されました。

(説明板参照)

この説明板に記載の生野城は、応永34年(1427年)但馬国守護山名時熈によって背後の山上に築かれた生野城生野古城)の平城部分のことで、それが生野代官所の前身となりました。

近代に入り徐々に遺構は失われ、現在は何も残っていないようです。



[000793] [000792]
すぐ裏にある「生野義挙碑」。
 
文久三年(1863)十月の生野義挙(生野の変)の事跡を後世に伝えるために、昭和十五年(1940)に建立された碑。

生野義挙についての詳細はリンク先参照のこと。
「維新の魁」という言葉が伝わっています。



[000631]
おまけ。
生野銀山にある代官所門。現在は入場ゲートの役割を果たしています。
移築門ではないようですが、うまい具合に復元されています。


==============================================
所在:兵庫県朝来市生野町口銀谷
評価:

生野義挙の地であり、また明治2年~4年まで設置された生野県庁の跡地でもあります。遺構はありませんが、想像力を働かせれば感慨に浸ることはできます。生野に来た時には銀山とともに訪れるべきところだと思います。
==============================================

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: