FC2ブログ

記事一覧

ひとりごと

一ヶ月ってこんなに長かったっけ・・・どうも御無沙汰しています。KDです。


突然ですが、やっぱあれですね。
城館にしろなんにしろ、有名どころの紹介については既に行政・観光協会・民間企業・果ては個人サイトに至るまで散々やり尽くされている感があるので、もはや伸び代はないように思えてしまいます。

ということで、そういったものはそういったところに任せて、私はこれからも情報が極めて少ない城館探訪を続けていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

さて、次回からようやくやるやる詐欺を行っていた旧高崎市編に入ります。

旧高崎市の城館については、以前こちらの記事で文化財情報システムの使い勝手の悪さに言及し、高崎だけ独自の取り扱いするのはやめてほしいと苦言を呈したところです。
しかしこちらの記事で紹介した高崎市史にはすべての城館の詳細な位置、解説に縄張図まで添付されており、マニア垂涎の一冊となっています。山崎一先生の調査資料を忠実にまとめつつ、直近の現況についても詳細に記してあり、高崎市文化財保護課の技量の高さがうかがえます。
これほどのものをまとめ上げていれば、位置情報が乱れまくっている文化財情報システムにまともに情報提供するのはバカらしく感じられるのももっともなことです(って、そんなことは思ってはいないでしょうが)。

文化財情報システムだけでは、旧高崎市の154城館のうち半数は位置特定すらまともにできないと思われますので、ご注意のほどを。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: