FC2ブログ

記事一覧

第41回 「賽の目の行方」

クレジット順に物申す。
登場人物は多いのにOPの前半に無理やり大量に詰め込むものだから、後半がスカスカになってしまう。本編はずいぶんと革新的な事をやってきているので、「トメグループは大物俳優でなければならない」などといったカビの生えた考えは捨てていただき、ネームバリューに関係なくもっとバランスを考えて配置したらいかがでしょうか。

本編

日本の女優って汚れるメイクはしても老けるメイクはしないのな。やっても白髪にする程度で、皺やシミを付けるのは絶対NG。これが日本女優の限界か。

周りが全く老けない中、一人だけ老化が進行している清盛。明雲と並んでも清盛の方が皺が目立つ。
その明雲と結託し、後白河の力を削ぐために暗躍する清盛。
数話前から思っていたが、もう名前を平黒盛に改名するべきだと思う。

強訴鎮圧に失敗した重盛。責任感の強い彼はまた胃と神経に負担をかけつつも黒盛に謝罪。
しかし黒盛「計算通り。よくやった」
黒盛の腹の中を知った重盛、このドラマ的にはこれが一番の精神的打撃だったんじゃなかろうか・・・アカン

そして後白河・西光・成親ブチ切れ。黒盛の腹黒い策略を読んだゴッシーもなかなか。
さすがいつも空想の世界で黒盛と双六をしているだけのことはあります。
成親「おもしろうないのう」って、それはかつての中納言デブ頼様のセリフ・・・アカン

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: