FC2ブログ

記事一覧

立足城 ~街道監視の城か~

旧榛名町の城館・その⑰

r211安中榛名湖線を下室田から榛名湖方面へと登っていくと、途中に新生会診療所・榛名荘病院などが建ち並ぶ一角があります。
それら一角の南側にある舌状台地を利用して築かれたのが立足城です。



PA080204.jpg
正面が新生会診療所・榛名荘病院などが建ち並ぶ一角。
この場所から見ると、あのあたりも城館が築かれてもおかしくない地形に見えます。



PA080205.jpg
このあたりが城の中心部付近。
現在はかつての城域の中央南側を県道が貫いています。

ちなみに榛名町誌の記述によると遺構は何も残っていないそうな。



PA080207.jpg
一応あたりを探索してみましたが、確かに明確な遺構は残っていません。
奥の方まで進んでみると北側は崖のような地形になっており、要害性は感じ取れました。

城域の西北には根小屋の存在も指摘されています。
どちらかというと榛名町誌の図に記されている場所よりも、現在立足集会所があるあたりの方が根小屋がありそうな雰囲気ではありましたが、正確な事はわかりません。



==============================================
所在:群馬県高崎市中室田町
評価:

道路工事で改変されたのか、もともと大した遺構がなかったかは不明ですが、それなりの要害性を頼みとした地形依存の城だったと推測されます。榛名神社へ登る街道の監視が目的の城だったのでしょうか。城についての詳細は不明で、山崎先生は中島家系図により中島氏の築城としています。
==============================================

関連記事

コメント

待ちに待った群馬編ですね

こんばんは、いつも群馬編を拝見し、
訪問する際の参考にさせていただいております。

旧榛名町は既に資料をまとめてあるのですが、
なかなか重い腰が上がらず未訪問です。
吾妻や倉渕行く時に町内を通過しているはずなのですが・・・

その前に榛名町の城館跡に少々難読な名称があったりしますね。
今回の立足城もその一つで、一応「たちあしじょう」とは読んでおります。
そんな事で地元の方に読み方をお聞きした上で、城館の調査をしたいと思います。
(紹介している自分が読み方知らずでは恥ずかしいですので)

立足城

目的地が先にあると、中間経路の部分は素通りしてしまいがちですよね。
自分もそういうことはよくあります。
吾妻の方にはいい山城が多いので、そこへ向かう通り道に当たる旧榛名町は、
特にそういった(素通りされてしまう)傾向が強いような気がします。

ちなみに正確な読み方は私もわかりません(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: