FC2ブログ

記事一覧

八日市場城 ~総社領主の仮寓~

慶長6年(1601)、上野国総社に1万石を与えられた秋元長朝は総社長尾氏の居城であった蒼海城へ入ります。
しかし蒼海城は地形的な制約が多い古い縄張りで、城域も広く荒廃していたため、新たに新城(総社城)を築城することを決意します。
そして総社城が完成するまでの8年間、仮の居城としたのが八日市場城です。



P8180025.jpg
総社神社の北東にある昌楽寺。
このあたり一帯がかつての八日市場城の跡地になります。



P8180034.jpg
立派な本堂があり、意外と広い墓地が広がっています。

しかし境内を探索するも、城に関する表示物は一切なし。



P8180031.jpg
牛池川を挟んで総社神社が見えます。

このあたりに、かつて蒼海城の東を守る堀となっていた風呂沼がありました。



P8180021.jpg
現地に表示物がなかったので、参考資料を。
群馬古城塁址図集・蒼海城より(部分)。
八日市場城の場所が明記されています。



==============================================
所在:群馬県前橋市元総社町2丁目
評価: 

短命の城であるため詳細はよくわかっていません。資料には東側に堀が残っているとありますが、現在明確なものはありません。少し距離を置いて南北に小河原用水が流れていますが、そこまでを城域とするとかなりの大城郭になってしまいます。上記図面でもそこまで広大な城域は示していません。あくまで仮の住まいなので、臨時の政庁・居館が置かれていた程度だったのでしょう。
==============================================

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: