FC2ブログ

記事一覧

第26回 「平治の乱」

作成途中で記事が一度全消滅。アメブロじゃあるまいし、腐れ仕様は勘弁してほしい。
もう迂闊にBackSpaceキーも押せやしない。

さて、気を取り直して。毎回役者さんは素晴らしい演技をしていますね。その中でも今回特に良かった方々。


◎信西(阿部サダヲ)
ついに穴に入ってしまった。
今回は信西総集編といってもよい回。回想から伏線回収、こういった作りは十八番のようです。
しかしこの人がいなくなるとさみしくなるなあ・・・
「己が誰なのか見つけたり!」

○藤原師光改め西光(加藤虎ノ介)
この人は本当に信西に心酔していたんだなあと感じる今回の演技。最後のいいつけも守った。
今後清盛と対立するのも、信西を救ってくれなかったことへの恨みが心の奥底に残っていたからなのかな。

○平清盛(松山ケンイチ)
重盛が「信西が滅ぼされた後で信頼と源氏を倒せばすべてが手に入る」と主張したシーン。
かつての清盛なら「バカ者!」(←?)とかいってぶっ飛ばしかねずひやひやしたが、無言で重盛の肩に手を置き信西との思い出を語る清盛。棟梁として堂々たるシーンが増えとても良い。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: