FC2ブログ

記事一覧

小田城(先行公開)

国指定史跡・小田城
北畠親房が『神皇正統記』を著した地として名高い。


P1180006.jpg
主郭より少し離れた交差点に設置してあった説明板。
単郭方形館を元に、戦国期にかけて順次拡張された跡がうかがえる。
平城としての長所を十分発揮した巧妙な縄張り。やはり平城はすばらしい。



P1180022.jpg
主郭櫓台(涼台)と、周囲の広い堀。
広い範囲で水が残っており、水堀の面影を残している。



P1180003.jpg
城のすぐそばにある筑波山。
百名山の中でもっとも標高が低く、以前はなぜ百名山に選ばれたのか疑問だったが、実際にこの美しい山容を見て選ばれたのも納得できた。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: