FC2ブログ

記事一覧

雉郷城③ ~今度こそ攻略~

P1290397.jpg
主郭へと続く道。

大系の記述ではこの城は山頂部と山腹部があり、両者の高度差は50mに及ぶとあります。



P1290400.jpg
藪化が始まりました。
進行にはまだ支障がない程度ですが、1年で最も藪の少ない1月下旬でこの様子では、他の時期での攻城は大変かもしれません。

さらに登って行くと・・・



P1290401.jpg
山頂部の郭群に到達しました。

完全に藪に埋もれていると思いきや、遺構残存度は予想以上です。



P1290402.jpg
この堀切もなかなかのもの。



P1290404.jpg
一つ上の写真とは別の堀切。

大系の縄張図をみるとこの城は西から東へ5つの郭を並べた連郭式の縄張りになっていますが、これは西から2番目と3番目の郭の間にある堀切です。



P1290405.jpg
この堀切は竪掘となって北側斜面に落ちてゆきます。
藪に埋もれていますが形状はつかめます。



P1290406.jpg
南東方面を見ると、先ほど登った浅間山が見えます。

地図を見てもらえば確認できると思いますが、この城はまさに御嶽・天神山丘陵の中央に位置しています。



P1290408.jpg
南側はゴルフコースとなっていますが、比高差はもとより急峻さは尋常ではありません。



P1290411.jpg
西から二番目の郭が本郭。

このあたりは藪が薄くなっています。



P1290412.jpg
二等三角点があり、この周辺の最高所です。
大系には373.7mのピークとして描かれています。
先ほどの浅間山山頂よりこちらの方が高いのですね。



P1290413.jpg
本郭と1番西側の郭を隔てる堀切。
先ほど登ってきて一番初めに目にしたものです。



P1290414.jpg
この堀切、西側斜面に続くのですが、その先は洒落にならない断崖。



P1290418.jpg
そして1番西側の郭。完全な藪です。

というか本郭以外は全部藪でした。



P1290421.jpg
最後に、山頂部へ登って来る途中の道がカーブするあたりで北西方面を見ると、以前間違えて登ったピークが確認できました。

写真では木々が邪魔でうまく捉えられず。残念。



==============================================
所在:群馬県高崎市中里見町
評価:★★(2012/9/2評価見直し)

要害性抜群で遺構もそこそこ残っている。正しい場所を訪れるのに手間がかかったという面で印象値も高し。ということで現地に表示物がない城としてはかなりの高評価です。看板一つでもあればもう1ランク上の評価でした。おしい!
==============================================

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: