FC2ブログ

記事一覧

坂本城① ~炎天下での挑戦~

冬場ということで、群馬では山城攻略最適の日々が続いています。
自分もセオリー通り未整備の山城はこの季節にのみ攻城することにしていますが、3年ほど前の城攻めが楽しくてしょうがなかった頃、あろうことか真夏(正確には6月の中旬だが、真夏並みの暑さの日)に未整備の険しい山城に突入したことがあります。

その城は坂本城(別名城峯城)。城郭大系には縄張図付きで掲載されているものの、当時ネット上には登城記は皆無。

在庫の山に埋もれてなかなか掲載できませんでしたが、今回こちらのページで図面付きの登城記が掲載されていたのを発見し、触発されて(?)こちらでも掲載します。

ちなみに上記のページ、ネット上で初公開の登城記も多々あり、今現在(群馬県内の城においては)自分がまだ攻略していない城をいくつも掲載している数少ないサイトです(文章だけなら掲載しているサイトもありますが)。まだ誰も公開していない城の登城記も図面付きで書いていらっしゃるので大変参考になります。

しかし自分の坂本城登城時には当然この情報もなく、そもそも城に取り付けるかどうかすら不明でした。

この日の行程は刎石坂愛宕山城坂本城松井田西城。異様に気温が上がり35℃以上にはなっていたであろう日の攻城になります。この城に取り掛かる前の時点で既に汗ダラダラ状態。



P6120175.jpg
これは愛宕山城麓のバス停に掲げられていた案内図。
愛宕山城坂本城が明記されています。

ちなみにちょっと登るつもりが、登りすぎてこの図でいうところの「覗」というところまで行ってきてしまいました。



P6120176.jpg
R18旧道沿いにある「碓氷湖」の表示。駐車場もあります。
後で気づいたのですが、この場所のすぐ後ろが虚空蔵の砦となっていたようです。

迂闊・・・一番近い場所の写真はこれしかない・・・



P6120177.jpg
この時は、きれいな風景だなあ・・・と思う余裕もないほどの暑さ。
湖畔に近いところにより広い駐車場があります。
そこまでの距離を歩くのも苦痛なほどの炎天下だったので、下の駐車場まで車で移動。



P6120242.jpg
駐車場にあった碓氷湖案内図。
湖を1周できるように整備されているようです。



P6120181.jpg
遊歩道を進みます。

暑い・・・日蔭はないか・・・



P6120183.jpg
碓氷川が深い谷を形成しています。

城の北側を守る天然の堀、というには険しすぎる要害となっています。



P6120185.jpg
そしてその先に見える絶壁。坂本城はあの断崖の上に築かれています。

あんなところに本当にたどり着ける方法があるのだろうか・・・



P6120186.jpg
暑くて景色を楽しむ余裕は皆無でしたが、改めて写真を見返すと周囲の風景は最高です。



P6120188.jpg
湖畔の道はこんな感じ。

おお、日陰だ。ありがたやありがたや。



P6120190.jpg
左手の山上が城域なのでどこかに取り付けそうなところはないか探しながら進んでいるのですが、全く取り付く島もなし。

写真は天然の竪掘、というより大崩落地形といった方が正解か。



P6120191.jpg
駐車場から湖の対岸に見えていた赤い橋が近づいてきました。



P6120192.jpg
その赤い橋のたもと。
どうもこの場所からが若干山に入りやすい地形に感じられます(写真左手)。



P6120193.jpg
ということで橋を背に山中へ分け入ります。

上記サイトでも全く同じ場所から取り付いているようです。考えることは皆同じでしょうか。

ちなみに自分もこの時に観光客から「あの人何してるんだろう」的な視線を受けましたが、既に全く気にならないレベルになっていました。というかそれどころではないほど暑くてキツイ。



P6120194.jpg
ここからが登りやすいというのではなく、ほかの地点が全く登れないので消去法でここから登っているだけ。
なのでこれくらい登るだけでも恐ろしく消耗します。
木を掴みながら登って行ったのですが、暑いので軍手を装備するという選択肢は初めからありません。



P6120200.jpg
かなり苦労して、ようやく尾根筋に到達。
以降はだいぶ進むのは楽になります。



P6120201.jpg
堀切、というか段差が現れます。
初めての城郭っぽい遺構です。

上記サイトの一番最後の写真と全く同じ地点の写真ですね。
やはり城で何かを感じる場所というのには共通点があるのでしょうか。


その②へ

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: