FC2ブログ

記事一覧

椿山砦 ~かつては古墳か~

たびたび出てくる箕輪城の案内図。


PA101152.jpg

南西部分にある丸戸張砦は前回紹介しましたが、今回は右下(南東)部分に注目。


拡大してみます。

PA101153.jpg
椿名口の南に「椿山の砦」の表示があります。

ということで行ってみました。



P4110562.jpg
また以前の記録になってしまいますが、探索したのは数年前の春。

この日は法峰寺の駐車場に車を停め、箕輪小学校の校庭の桜を眺めながら椿山砦を目指しました。



P4110563.jpg
小学校南の県道から眺めた椿山砦。小高い丘になっています。
現在は道路で分断されていますが、もとは箕輪城から派生する尾根の先端に築かれた砦で、惣構えの一部であったと思われます。

この正面の道を真っすぐ登っていくと斜面に石碑が建っていたため、「すわ城址碑か」と一瞬期待したが、関係ないものであった。

ちなみに文化財情報システムによると、この場所にはもともと古墳が存在していたようです(椿山古墳)。



P4110568.jpg
大系の縄張図を参照すると、砦の構造は大きく北と南の二つの郭で構成されているようです。
このときは北側の郭は削平地は確認できたが、全体的に藪っている状況でした。
奥に古めの墓石が並んだりしています。

この写真は北側の郭から南側の郭を撮影したもの。



P4110569.jpg
南側の郭は二段構成になっていて、上段は櫓台のように見えます。
おそらくこちら側が主郭でしょう。
上部は藪、というか完全に樹木に覆われています。



P4110573.jpg
主郭から東側眼下を眺める。

こちら側は意外と比高差があり、川も流れているためなにげに要害地形となっています。



==============================================
所在:群馬県高崎市箕郷町西明屋
評価:

現地に表示物がないため丸戸張砦より一段階低い評価。全体の案内図に砦の表示がされているため☆評価は逃れたものの、こちらのほうが砦の規模は大きいだけに残念。
==============================================

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: