FC2ブログ

記事一覧

赤石城 ~二つの赤石城~

那波氏所属の赤石左衛門尉によって大永年間(1525頃)に築かれたとされる。
神沢川とその支流に挟まれた舌状台地の末端に四郭を並べて築かれ、北から二番目が本丸である。

(城郭大系より抜粋)

場所は前橋市飯土井町のr74沿い、伊勢崎市との境界近くにあたります。
文化財情報システムの地図に記載あり。



PC250084.jpg
現状は最北の郭とそれ以外の三つの郭の間は道路で分断されています。

最北の郭の西側の地形。切岸跡とも自然地形ともとれます。



PC250087.jpg
道路沿いにある標柱。よくぞ設置して下さいました。

この郭は現在個人宅になっています。



PC250089.jpg
道路を挟んで南側、かつての主郭には工場の事務所が建っていて虎口などの遺構は失われたようです。

周囲の土塁跡と思しき地形は確認できます。



PC250090.jpg
この土塁状の地形はずっと南まで延び、城域をすべてカバーする勢いですが、かつての土塁そのものであるかどうかは不明です。



==============================================
所在:群馬県前橋市飯土井町
評価:★☆

赤石左衛門尉は後に伊勢崎に移り、同名の赤石城伊勢崎城の前身)を築城したといいます。伊勢崎の赤石城は天正九年(1581)由良成繁によって攻め落とされていますが、こちらの赤石城については廃城時期などは定かではありません。
==============================================

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: