FC2ブログ

記事一覧

岡上陣屋 ~銅山街道を整備~

ブログ移転後、こちらでは実質的には初めての記事になるでしょうか。
アメブロより自由度も高くなったので、慣れればかなり使い勝手が良くなりそうです。

さて、この時期は仕事が忙しいので平日の更新頻度が極端に低下してしまいます。
去年も同じくらい忙しかったのに、よくあれだけ更新できていたものだ。
しばらくは簡単に紹介できるところから載せていこうと思います。

と、前置きを挟みつつ久々の更新。今回は岡上陣屋の紹介。

みどり市(旧笠懸町)R50鹿交差点を南へ進み、両毛線の線路を渡ったところに説明板が設置されています。



PC100004.jpg

1662年、幕府の命により上野国笠懸野に派遣された代官・岡上次郎兵衛影能の陣屋跡とされています。
彼は赴任の地で柳原用水・岡登用水を完成させるといった実績を残しています。
また、この場所は足尾銅山と江戸方面を結ぶ地であり、その銅山街道の整備も行っています。

しかしこの用水の成功に対して良く思わない者(妬みを覚えた者や、水量減少地域の人々)が、彼を訴えます。
結果、彼は切腹することとなります。
この陣屋跡からそう離れていない、琴平山の麓にある国瑞寺に岡上影能の墓はあります。

どうでもいいことですが、この説明板、まだ笠懸村だった頃に設置されたものですね(町制施行は1990年)。



PC100003.jpg

陣屋跡現況。



==============================================
所在:群馬県みどり市笠懸町鹿
評価:

遺構と呼べるものは特にありません(しいて言えば土地の区画の形状に当時の面影が残っている程度)。遺構が好きな人にはおすすめできず、標柱ハンター(?)向け。たまたま通りがかった時に発見できた人はラッキー。
切腹した岡上次郎兵衛影能ですが、その後再評価され、大正4年には従五位を与えられています。
==============================================

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: