FC2ブログ

記事一覧

有馬城 ~謎の虎口~

城主不明、永禄年間(1558~70)に築かれたという城。


大系には縄張図付きで掲載されているのに、現地には城址碑はおろか城の表示物は皆無という残念な城です。そのためネット上での情報もほとんどなし。


場所は渋川市有馬にある泰叟寺の裏山に当たります。



KDの城館探訪記

有馬城遠景。西側より伸びる丘陵地帯の崖端部分を利用して築かれた城です。




KDの城館探訪記

城の麓にある泰叟寺。


ここも外郭、あるいは居館として利用されていたような地形です。





KDの城館探訪記
なかなか立派な構え。




KDの城館探訪記

本堂着。もちろん境内はスルー(笑)


さらに上に神社が見えたので行ってみます。




KDの城館探訪記

神社への道。




KDの城館探訪記

神社着。若伊香保神社と呼ぶようです。


麓の集落を見渡せる好立地です。




KDの城館探訪記

神社裏にあった林立する石碑。

大系にも「百庚申」として記載されています。


このあたりも削平地が数段にわたり続き、城の一部と思われます。

しかし城の中核部はこの裏山のさらに上になります。




この後裏山を登ったところ住宅地に出てしまい、主郭跡と思われるところには工場が建っていました(T_T)

作業中の人もいたため、写真もとらずに撤退。


チラ見した限り、大系の縄張図にあるような主郭周辺の堀跡などは完全消滅していましたが、周囲の山際などには堀跡や郭跡が残っていたかもしれません。





KDの城館探訪記
帰りは神社の参道から下りてきました。



============================================

所在:群馬県渋川市有馬

評価: 


大系の図を見ると虎口は北西隅に置かれており、西側からの攻撃を想定した縄張りになっています。東側は急斜面になっているのでいわゆる後ろ堅固な城ということになりますが、そもそも西側の山の上から攻めてくる勢力というのは一体どういうものを想定していたのかがかなり謎です。大系で山崎先生も「この虎口の位置は異常である」と述べられていますが・・・

その辺を確認したかったのですが、現地が完全に私有地になっていたので再訪する気はありません。未発見の城址碑でもあるというのなら話は別ですが・・・

============================================


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: