FC2ブログ

記事一覧

和利宮城 ~和流の宮~

和利宮城は、戦国初期この地を治めていた吾妻三家の一つ、塩谷氏の館と伝わるところです。

大系では和利宮館として掲載されています。


ネットで調べると、中之条町の横尾にある吾妻神社を城跡として紹介しているページを発見。

しかし、県文化財情報システムによると城域は中之条町の伊勢町にある伊勢宮を表示しています。


県のシステムの地図もところどころ所在が怪しいものもあり、wikiの記述よりかは信頼性が高いという程度のものなので、最終判断は自分で行うしかありません。


吾妻神社の方も、江戸期以前には「和利宮」と呼ばれていたようなので、そちらが城域であった可能性もあります。

しかし大系での所在地は伊勢町とあるので、このブログでは伊勢宮を比定地とすることとします。

こちらだと「丘の裾にある」という記述にも一致します。


ちなみに和利宮という名の由来ですが、唐流に対する日本風という意味の「和流の宮」が転化して「和利の宮」になったとのこと。



KDの城館探訪記

伊勢宮を目指したはいいが、道は狭いわ駐車スペースはないわで地雷にはまったかと思いました。

しかし神社の東側に公園があり、そこに駐車スペースを発見。木蔭もあるので駐車には最適。


いつの間にか市街地を見下ろす小高い場所まで登ってきていたようです。




KDの城館探訪記

その公園。


見ようによっては城跡のようにも見える地形だが、ここはまだ城域ではないようです。

何でも城と結び付けて考えるのは危険な兆候。




KDの城館探訪記

神社の池を通り過ぎ、参道に合流。


池周辺からこの参道沿いにかけて、思いっきり中世城郭風の空気が漂っています。

土塁跡らしきや腰郭跡らしきがあり。





KDの城館探訪記

参道脇にはいくつか石碑があります。

(城址碑ではありません)




KDの城館探訪記

登る途中、随所にある削平地は郭跡でしょうか。




KDの城館探訪記

もうちょい登って。




KDの城館探訪記
どうやら本殿に到着。




KDの城館探訪記
大系では、この斜面一帯に塩野氏の城館があったとしています。





KDの城館探訪記
例によって記帳しておきました。




KDの城館探訪記
本殿周辺の削平地。


居を構えるならこの位置がベストと思えるのですが、文化財システムの表示では社殿のあるこのあたりは微妙に城域から外れて表示されています。マジか。




KDの城館探訪記

まあ斜面に居を構え、一番上部に社を鎮座させていると考えれば、納得できるところではありますが。




KDの城館探訪記

一旦一番下まで降りてみました。


入口にある鳥居。意外と風格あります。




KDの城館探訪記

境内の池から繋がっている水路。


往時からこの流れはあったかもしれません。



============================================

所在:群馬県吾妻郡中之条町大字伊勢町

評価:★ 


伊勢宮を城域として登城記を紹介しているのはこれがネット上で初だと思います。城としての雰囲気は十分感じられました。城の表示物があればもう一段階上の評価だったと思うと、ちょと惜しい。

===========================================


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: