FC2ブログ

記事一覧

川井城 ~摩利支天を祀る~

玉村町川井、烏川の河川敷に近い場所に川井城は築かれました。

烏川を挟んだすぐ対岸には本城である武蔵金窪城があります。

Mapionで八千矛神社の表示があるところが城の中心なので、そこを目指しましょう。




KDの城館探訪記

目的地の神社は一段高くなっています。いかにもな雰囲気。





KDの城館探訪記

八千矛神社。駐車場がないので脇に寄せての路駐やむなし。





KDの城館探訪記
説明板。

烏川対岸の金窪城主・斉藤定盛の支城で、弟・斉藤石見守基盛が在城し、北条麾下であったが、天正10年(1582年)神流川合戦で滝川一益に攻め落とされた。云々。


八千矛神社にはもともと摩利支天が祀られていて、今でも一般に摩利支天様と呼ばれているそうな。





KDの城館探訪記

楼台跡である神社裏には、小さな祠も鎮座しておりました。




============================================

所在:群馬県佐波郡玉村町大字川井

評価:★☆ 


城郭大系によると表記は河合城ですが、どちらでもいいようです。かつては四郭からなる城郭だったようですが、今では摩利支天を祀る楼台が残っているだけです。この楼台を残し続けた人たちはエライ。

============================================


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: