FC2ブログ

記事一覧

高山城① ~謎の石垣・百間築地~

高山城というと岐阜県にある飛騨高山城が有名ですが、今回も群馬県のお城です。



ここ高山城は自分にとってかなり印象に残っている城で、この城の登城を境に普通の「城好き」から「城マニア」へクラスチェンジしたような気がします。



このお城を探索するにあたって何よりも役に立つのは余湖様のHPの縄張図でしょう。

登城日(まだどこに行こうか決めていなかった)の直前にアップされた上記の記事を読んで、「ここに登城したい!」と思ったのでした。

また、タクジロー様のHP も大いに参考にさせていただきました(こちらのページには高山城の発掘時に検出された障子掘の写真が!)。


といっても縄張図を持参して城攻め、といった入念な準備など全くしていない頃だったので(今もそんなにしていないが)、上記の図を頭に叩き込んで記憶を頼りに突撃しました。




KDの城館探訪記

この日は雉岡城御嶽城を攻城した後、ラストで高山城へ向かいました(御嶽城では初詣客の混雑でひどい目にあった)。


城への道は、まず藤岡市の「鮎川湖」を目指してみましょう。

写真のような大きな土手が見えてきます。その向こうが鮎川湖です。

釣り客でもいるのか、堤防の上に車がたくさん並んでいますが、城へ向かうには湖の右手にまわるような形になります。

ちょうど「鮎川温泉 金井の湯」の案内看板もあります。そこを目指すのが一番手っ取り早いです。





KDの城館探訪記

馬出状の地形を越え、到着。

説明板発見。ここは山麓の居館部にあたるようです。


日野城とも呼ばれ高山氏の城。

要害山城 天屋城 百間築地の砦等から構成されている複合城で珍しいものである。

(説明板参照)


フムフム。先人たちの記録にあった通り、複合式の城郭のようだ。





KDの城館探訪記
百間築地にある残存石垣。

虎口の跡のようにも見えるが、部分的すぎて何とも言えない。


奥に見える山は関東管領府である平井城の詰城、平井金山城





KDの城館探訪記

石垣。こちらのは復元したくさい。





KDの城館探訪記

石垣。復元っぽいが、設置箇所がおかしいのでは・・・


このあたりはかなり石材が豊富らしく、そこらじゅうに岩が転がっています。

近くの山には採石場もあるくらいなので、小勢力といえども石垣を利用していても不思議ではありません。


そもそも畑を耕す際に石が出てきたらどかしているうちに自然と石塁ができそうなものだが・・・





KDの城館探訪記

プリウス号と要害山城(右手前)、天屋城(左奥)。


はたして大丈夫だろうか・・・





KDの城館探訪記

説明板の場所から何となく伸びている道。

ほかに入れそうなところもないのでここから行くしかなさそうである。


突き当りからいきなり藪で戸惑うが、わずかに獣道が続いていたので奥へとつき進む。





KDの城館探訪記

が、ついに獣道すら消え去ったので直登開始。

藪というか灌木というかをかき分けかき分け登っていく。


軍手持ってきてよかった~




KDの城館探訪記

堀。横堀です。

要害山城の周りを取り囲む形で掘られています。


しかし写真の撮り方がなってねー





KDの城館探訪記

ちなみに要害山城の写真は以上です。

主郭部に祠があった記憶はあるのですが写真撮り逃しました。


代わりに主郭付近で撮った危なそうな写真をば。





KDの城館探訪記
要害山城を過ぎ、少し平場のような地形があったが、そこから先は急峻極まる山登り。


踏み跡のようなものを頼りに斜面を登っていきます。




その②へ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: