FC2ブログ

記事一覧

膳所城 ~三大湖城・琵琶湖の浮城~

膳所城は大津市街の東部に位置し、相模川河口付近にあった膳所崎と呼ばれる琵琶湖に突き出た土地に築かれた水城であり、日本三大湖城の一つに数えられ、また大津城坂本城瀬田城と並ぶ「琵琶湖の浮城」の一つである。陸続きの部分に三の丸を配し、二の丸・北の丸・本丸が琵琶湖に突出する梯郭式の縄張りであった。湖の中に石垣を築き、本丸西隅には4重4階の天守が上げられ、水面に映える姿は里謡に「瀬田の唐橋からねぎぼし、水に浮かぶは膳所の城」と謡われていた。


慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いに勝利し名実共に天下人となった徳川家康は、翌、慶長6年(1601年)東海道の押さえとして、大津城を廃し膳所崎に城を築かせた。膳所城江戸城大坂城名古屋城など天下普請として江戸幕府が諸大名に号令し築いた城の第1号である。縄張りは城造りの名手と言われた藤堂高虎に計画させた。家康がこの地を選んだ理由として、昔より「瀬田の唐橋を征するものは天下を征する」と言われた瀬田の唐橋に近い場所であったからであると言われる。


築城された年に大津城主戸田一西を3万石で入城させここに膳所藩が成立した。以後、譜代大名の居城となった。その子の氏鉄は元和3年(1617年)に摂津国尼崎藩に転封となった。
代わって本多康俊が三河国西尾藩より入城。その子、俊次は元和7年(1621年)再び西尾へ転封となった。代わって、伊勢国長島藩より菅沼定芳が入城し寛永11年(1634年)丹波国亀山藩に転出。下総国佐倉藩より石川忠総が入城、子の憲之は慶安4年(1651年)に伊勢国亀山藩に転封となった。
石川氏の後は再び西尾藩より本多俊次が7万石で入り、13代220年の間、本多氏の居城となり明治維新を迎えた。
寛文2年(1662年)には地震があり建造物が倒壊した。このため俊次は城の大改修を行った。


膳所城は湖沿岸に建造された城であるため、時間を経ると波による浸食に悩まされ続けることとなった。このため絶えず城の補修を余儀なくされ、これが藩の財政を逼迫させる一因となっていた。

(Wikiより)




突然ですが、クイズです。


この城(膳所城)の名前、なんと読むでしょうか。


「ぜんしょ城」じゃないですよ。



一度知ってしまえば忘れないのですが、はじめて見た時から正確に読める人はどの程度いるんでしょうか。


知らない人にとっては、二曲城並に難読と思います。



ちなみに日本三大湖城は、膳所城(琵琶湖)・高島城(諏訪湖)・松江城(宍道湖)を指します。


この中では、ここ膳所城が一番残念な現状になっています・・・


にゃー



場所は琵琶湖のほぼ最南端、近江大橋西岸のすぐ南にあります。


車で行くと、城址公園側に駐車場がないので焦るかもしれませんが、実はすぐ近くに専用駐車場があります。




KDの城館探訪記

落ち着いてよく周囲を見渡すと・・・あった~!


予備知識がないと見落とす可能性大ですが、「城址公園のまん前にある」ということを念頭に入れていれば発見できると思います。


この日はなぜかほぼ満車。たまたま一台分の空きがあったのでラッキーでした。




KDの城館探訪記

公園入口にある城門。復元なのか模擬なのかはいまいち不明。


この手前両サイドには、いかにも復元しました感が全開な堀と塀が一部分だけあります。




KDの城館探訪記

隣には、櫓風あやしい建造物が。


このあたりはウォーキングコースになっているようで、あのあやしい場所までも立派な橋がかかっていました。


行かなかったけど。




KDの城館探訪記

公園内は整備されているので散策するには快適なのですが、特に遺構はありません。


この石垣も、公園整備時に造られたものです。




KDの城館探訪記

琵琶湖に突き出した地形というものだけは実感できます。


近江大橋をバックに、波打ち際に佇むベンチ・・・


美しい光景。


・・・




KDの城館探訪記

近づいたら、ベンチはこんなんだった。


(・∀・)




KDの城館探訪記

公園奥、琵琶湖に面したあたりにはいくつも歌碑やらがあります。


その中でちょっと珍しいなと思ったのがこれ。


三等三角点「膳所」。標高87.385m。


山頂以外にも三角点はあることはあるのですが、実際目にすることはあまりない気がします。




KDの城館探訪記

船着き場の様にも見えるかもですが、当時の物ではありません。



KDの城館探訪記

見事に逆光で見えませんが、「天守閣跡」と記されている石碑です。


この場所に4重4階の天守があったのかあ。




KDの城館探訪記

中央部にある土台。遺構ではなさそう。



このほか公園内には「四高桜」だの「謎の観音様(?)」だの「足つぼを刺激できるコース」だのいろいろあります。

一応写真は撮ってあるのですが、あまりにもとりとめがなさすぎるので掲載却下。




KDの城館探訪記

城址碑。



KDの城館探訪記

向かいにあるあやしい建造物。こんなのばっかりだな。


だがそれがいい。





============================================

登城日:2010年9月23日  所在:滋賀県大津市本丸町 

評価:★★


冒頭の読みクイズ、正解は「膳所(ぜぜ)城」でした。ここまで読む前に、答えが出ていないので自分で調べた方もいるかもしれません。そうやって調べた方が忘れないんですよ(実体験・笑)。

三大湖城としては遺構残存度はよろしくないのですが、城址公園として残っているだけまだマシです。正保城絵図を見ると、かつてはかなりの建造物が立っていたようです。また近くの膳所神社をはじめ大津市内や草津市内の各所に移築城門が残っています。全部探してみるのも一興かも。

============================================


関連記事

コメント

1. そのむかし・・・


膳所高校が夏の甲子園に出ていまして、それで読み方がわかった小生なのですが・・・。

保存、して欲しかったですねぇ・・・。坂本・大津と三つともほぼ遺構がないのは残念です。

大津市が怪しい城銀座なのはその後悔の念からですかね

2. 大津は


統治者が変われば、城も変わっていったんですね。
ただ、それだけ重要な場所であったという事ですね。

怪しい建物…微妙ですな(^_^;

3. Re:そのむかし・・・


>絵好く(esq)おやじさん

膳所高校が夏の甲子園出場ですか。全く知りませんでした。
で、膳所高校を調べて見ると、滋賀県内トップの進学校なんですね。

平野部の城郭はやはり遺構が残りにくいようです。
市街化が進んでいるところならなおさらです・・・

4. Re:大津は


>syunpatsuryoku1号さん

膳所藩7万石(畿内では3番目の規模の大藩)の藩庁として、
明治維新まで存続した重要な城です。

廃城に至り、伊藤久斉という藩士はショックのあまり発狂し物乞いになったんだとか。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: