FC2ブログ

記事一覧

大津城 ~「蛍大名」京極高次の関ヶ原~

現在の滋賀県大津市浜大津、京阪電鉄浜大津駅周辺一帯にあった水城で、本丸は、現在の琵琶湖大津港桟橋付近にあたる。関ヶ原の戦いでは上田城などと共に、数少ない激しい城の攻防戦が行われた。その騒音は連日京都にまで届き、市民の中には弁当と水筒持参で見物に行く者まで出たという。

戦後に廃城となり、天守などが膳所城彦根城に移築されたと伝えられる。彦根城の天守がかつての大津城天守の用材を転用して建てられている可能性が、昭和32年(1957年)に行われた彦根城天守解体修理の際に符号、墨書きが見つかったことを根拠に示されている。これにより大津城の天守は望楼型の4重5階であったと考えられている。


1586年(天正14年)、豊臣秀吉は坂本城を廃城とし、浅野長政に命じて新たに築城された。その後、城主は増田長盛、新庄直頼と代わり、1595年(文禄4年)に京極高次が城主となり6万石を与えられた。

1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで高次は東軍に属し大津城に籠城した。しかし大津城はもともと琵琶湖の水運を利用して美濃、越前方面から運ばれてくる物資を安全に保管するための城郭であり、攻防戦には不向きであった。9月7日より毛利元康・立花宗茂ら西軍1万5000に城を囲まれ攻防戦が開始された。これに先立ち、京極軍3000は12時間かけて城下を焼き払い、町は荒野と化した。京極軍は家臣赤尾伊豆守、山田大炊以下、奮戦し、7日間持ち堪えたが、9月13日からは近くの長等山から大砲で砲撃を受け、砲弾は眼下に落ちるような勢いで天守その他の建築物を破壊し、城内が混乱した間隙を縫って立花軍が二ノ丸までを占拠した。ここに至り、北政所の側近孝蔵主と高野山の木食応其の仲介による講和が成立する。9月14日に降伏開城した高次は園城寺に入り、剃髪して高野山に上った。しかし、西軍1万5000を大津城に釘付けにした功績は大きく、戦後、徳川家康は高次を召しだし、若狭小浜城8万2000石に加増転封させた。

高次が若狭へ移ってまもなくして、家康は大津城を廃城にし、新たに膳所崎に膳所城を築城した。大津城攻防戦で戦禍を免れた建築物の一部は、彦根城膳所城に転用、移築された。

(Wikiより)



関ヶ原時の大津城の城主は京極高次。浅井三姉妹の二女・お初の旦那さんと紹介した方がいいかもしれません。


妹や妻の七光りで出世したとされることから「蛍大名」とささやかれたが、武将としての能力も有しており、関ヶ原の戦いの際には居城の大津城に篭もり、一万人を超える西軍の大軍勢を食い止め関ヶ原の主戦場へと向かわせなかった。戦後、その功により若狭一国を与えられ国持大名となり、近世大名京極氏の礎を固め御家の再興を果たします。


来年の大河では、どのような描かれ方をするのでしょうか。



このお城については、自分の尊敬するお城サイトの一つである「埋もれた古城」様の大津城のページ に詳しい解説があります。尊敬の念が強すぎてタイトルまで使ってしまいました。


いろいろなHPからこの場所には石碑しか残っていないということは知っていましたが、上記のページを読んだときから、いずれはこの地を訪れてみたいと思っていました。


石碑一つを楽しみに数百キロを旅して訪れる人間などそうはいないだろう。




KDの城館探訪記

浜大津公共駐車場に車を停め、石碑探索へ向かう。

この駐車場、最初の30分は無料という素晴らしい料金制度。


駐車場から外へ出ると、とても眺めがいい。




KDの城館探訪記

湖畔にはどでかい施設があります。


大津ボウル?




KDの城館探訪記

駐車場から直結している長い歩道橋。


名称「浜大津スカイクロス」・・・都会だ。


しかし。そっちへ行ってはダメ。石碑と反対方向。


・・・この時の自分にそんなことわかる由もなし。結局かなり遠くまで進んでしまった。


浜大津駅の近辺にあるはずなんだがと思い、その時逆方向に進んでいたことに気が付く。




KDの城館探訪記

平地なのに軽く汗をかき探しまわった挙句、ついに発見!


幾多のお城サイトで必ず掲載されている写真です。

それもそのはず。ほかにお城を示すものが何もないのですから。

せめてこの隣に説明板でも設置してみたらいかがですか?


それでもこの石碑と対面することができ、個人的には満足。

車に戻ったら、30分ギリギリだった。




============================================

登城日:2010年9月23日  所在:滋賀県大津市浜大津 

評価:


歴史性の高い城郭ですが、評判通りお城の遺構は何もありませんでした。大津祭曳山展示館の南側にある石垣が外堀の石垣であるともいわれているようですが、写真を見た限りでは何とも言えないレベルです。ということで一応客観的な評価を出しておきましたが、個人的には評価の星は関係なく満足しました。「いつか行けたらいいな~」と思ってた場所に来れたという感動、プライスレス。この際、遺構のあるなしなんかどうでもよろし。

これだけでは満足できないという方は、裏手の山にある三井寺を見学するのがおすすめ。

============================================


関連記事

コメント

1. 何も


ない城ですね(>_<)

大津って通過するだけで、町の様子を窺いしる事ができませんが、結構都会ですね。

2. Re:何も


>syunpatsuryoku1号さん

大津は立地的に湖と山に挟まれ、広い平野がないような印象を受けました。

それでも県庁所在地、中心部はさすがに都会でした。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: