FC2ブログ

記事一覧

観音寺城④ ~湖国の大パノラマ~

前回ラストの分岐点で、三角点方向に掲げられているのがこれ↓



KDの城館探訪記

「湖国の大パノラマ」


通常なら怪しめな表示も、ほとんど人が通らないような山中で見つけると心強いものがあります。


三角点へは、ここから軽いアップダウンのある道をしばらく進みます。

道幅が細くなっているところが一部藪になりかけていたものの、何とか持ちこたえる。

差し引きで少し下ったんじゃないか?と思ったあたりで、ついに到着です。




KDの城館探訪記

きぬがさ山三角点。


地獄越(すごいネームだ)から北向観音(さっき麓まで行った)まで至るコースがあるようです。



KDの城館探訪記

繖山山頂・標高433m。




KDの城館探訪記

二等三角点だ!久々に見た。


三角点ミッションもクリア。




KDの城館探訪記

素晴らしい眺め。




KDの城館探訪記

東側の眺め。




KDの城館探訪記

琵琶湖方面。手前に見えるのは西の湖。


・・・と、この時は思っていたが、よく考えると安土山がないので違っていたようだ。大同川ですね。




KDの城館探訪記

冬場の澄んだ空気の中での景色を見てみたかったが、少しけぶっているこの光景もまたよし。




KDの城館探訪記

分岐まで戻ってきました。


いよいよ本丸方面へ歩を進めます。




KDの城館探訪記

分岐からはずっと下りです。このあたりにもいくつも郭があります。


そしてまたしてもいきなり現れる石垣。


かなり奥まで続いている・・・



KDの城館探訪記

下から登ってきたら、かなり威圧感を感じそうです。


澤田丸の石垣と思われますが、確証はありません。




KDの城館探訪記

ここから下の合流点までの階段が一番急だったなあ・・・




KDの城館探訪記

草に覆われていますが、一応石段らしきものはあります。


しかしかなり足元は危うい。


登りでこの道を通るのは疲れそうだ・・・下りは下りで楽だけど危険。




KDの城館探訪記

直滑降して、メインの登城路に合流。


前回、この先は何があるのかなあと思った場所です。ここに出るのか。




KDの城館探訪記

前回は気にしなかったけど、屋敷跡(平井、落合、池田)の表示もしっかりありますね。


今回は左へ進む!




KDの城館探訪記

懐かしの大手口階段。


でも今回はこれは登りません。


この写真左端から、屋敷跡への道が続いています。なんの表示もないぞ!




この脇の道をわずかに下ると、ちょっとした広間に出ます。三の丸です。


特に碑などは無かったですが、見上げる上の段には石垣が積まれていて迫力あり。




KDの城館探訪記

三の丸から奥に進む。ちなみにこのあたりからデジカメの電池残量が点滅し始めて極めてヤバし。


次なる郭に現れたのは、ここまでの中でも特に大きめの石が使われている石垣。




KDの城館探訪記

排水溝?




KDの城館探訪記
奥にもずっと石垣が続く。すげ~。


このあたりがこのお城の一番の見どころかも。



その⑤へ



関連記事

コメント

1. いやぁ~


石垣凄いですなぁ~。
六角氏が、私が思うより巨大な勢力でしかも、先端技術を有していた事が判る城ですね。
まぁ、穴太衆などを従えていた事もあるんでしょうが、見事です。

2. Re:いやぁ~


>syunpatsuryoku1号さん

石垣技術については最先端のものを持っていたと感じられますね。
総石垣の城は安土城が先駆けということになっていますが、この城の存在は無視することができない気がします。
後は縄張り面だけがちょっとという感じですが、それは多くを求めすぎですね。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: