FC2ブログ

記事一覧

佐和山城② ~もののふの夢 佐和山~

竹林を進みます。




KDの城館探訪記

かなり昔からありそうな案内石碑。


本丸まで二丁。




KDの城館探訪記

その横には竪掘。


ここには新しめの説明板が設置されており、西の丸跡とあります。


焔硝櫓についても記されています。さっきの標柱では硝櫓とありましたが。




KDの城館探訪記

ここから本丸に抜けて最後の登りです。


クモの巣を回避するのになかなか神経を使います。




KDの城館探訪記

クモの巣密度が増加したこのあたりで、後ろからおじさんがやってきました。


この人もクモの巣よけの棒を持ってすたすたと登ってくるあたり、山歩きに慣れていそうな感じです。


挨拶を交わして道を譲ります。


クモの巣解除はすべてお任せしました(笑)




KDの城館探訪記
しかしそこから本丸まではすぐでした。


おじさん、もう少し早く来てくれてたらなあ(笑)




KDの城館探訪記

彦根八景


武士(もののふ)の夢 佐和山




KDの城館探訪記

城址碑。

隣には説明板があります。


佐和山の山頂、標高232.9mの位置に本丸が設けられていた。現在も山頂は平坦であるが、かつて本丸に存在していたであろう天守台や枡形などの遺構をほとんど確認することができない。本丸は、大規模な「破城」があったと考えられる。かつて、天守台は1丈5尺(約4.5m)あり、その上に5重の天守が聳えていたと伝える。云々。




KDの城館探訪記

眺めは素晴らしいです。


僅かにガスっているのが残念。


というよりあまりの暑さに熱気が立ちあがっている感じです。


前日は明け方雨だったため、午前中は何とか気温上昇を抑えられたが、この日は朝から30℃オーバー。


暦の上では秋ど真ん中なのに、いつまで真夏日なんだと。




KDの城館探訪記
おお、あれは。


拡大。




KDの城館探訪記
彦根城です。


肉眼ではっきり見えます。存在感が尋常ではありません。


こうしてみると彦根城が平山城であるというのがよくわかります。


空気が澄んでいれば琵琶湖の対岸まで見渡せるとか。




KDの城館探訪記

三角点もあります。


ここから南口降り口へ道が続いているのですが、看板に「龍たん寺方面には抜けられません」とあったので、ここまでにしました。




KDの城館探訪記

さて、現地標柱「硝櫓」地点から、少し奥へ続く道があります。


進んでみると。




KDの城館探訪記

谷になっています。


奥に伸びている尾根に、二の丸・三の丸が配されています。


女郎谷は、その向こうかな・・・




KDの城館探訪記

切り通し。


ここは「かもう坂通り往還(通称龍潭寺越え)」という通路としても利用されてきました。




KDの城館探訪記

戻ってきました。

本日1城目から、またしても汗をかいてしまった。


そして車の中は、やはり超高温になっていた・・・




============================================

登城日:2010年9月22日  所在:滋賀県彦根市佐和山町・古沢町 

評価:★★★☆


予想よりも大規模な山城でした。が、やはり遺構は少ないです。一部石垣が発掘されているようですが、それよりも本丸周辺が見事にまっさらなのです。土塁もなければ横矢も不明。桝形はわずかにそれらしき痕跡が残ってるのみ。これではただ規模が大きいだけの山城で、技巧面では並の中世山城より劣っているくらいです。

三成に過ぎたるものと称された城がこんなレベルの城であったとは思えません。考えられるのは、廃城時の破城が建造物撤去というレベルではなく、本丸をごっそり削り取るくらいのことをやっていたのではないか、ということです。実際太鼓丸や法華丸といった先端の郭には土塁遺構が残っている点から考えても、象徴の本丸部分だけでもまっさらにしてしまったということは十分考えられます。

それと今回見られなかった山下の大手方面の遺構。もしかしたらこちらの方の整備に三成は力を入れていたかもしれません。そうだとすると山上だけでは評価が出せませんね。

もう一つ。麓の佐和山トンネル脇にあるあやしい天守のレポができなかったのが残念!
============================================


関連記事

コメント

1. 向かい側のあれは怪しい・・・(笑


私が行ったときはなにやら建設中でした。
あれはいったいなんなんでしょうか(笑

2. Re:向かい側のあれは怪しい・・・(笑


>くぎやんさん

おそらくあれは「佐和山遊園」という日本有数のB級スポットであると思われます。

「あやしい城」の世界では横綱級のあの施設は、三成好きの個人の方が自力で建造しているんだとか。廃墟になったという噂も聞いていましたが、まだ建設を続けているのですね・・・

まるでサグラダファミリアです(笑)

3. コメ遅くなりましたが


さすが、光秀に過ぎたる城という感じですね。
かなりデカイ!!!

遺構は、徹底的に破壊されたんでしょうかなぇ~。
でも、後の統治者の居城であった城が丸見えというのも皮肉ですなぁ~(^_^;

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: