FC2ブログ

記事一覧

本庄城 ~古今の役所~

本庄城は弘治2年(1556)本庄宮内少輔実忠により築城されたといわれている。本庄氏は、山内上杉氏に属したが、永禄10年(1567)に後北条氏に攻められ落城し、後北条氏に服したが、家忠の子隼人正の代に至って天正18年(1590)豊臣秀吉の関東攻めにより落城した。

徳川家康の関東入国に伴い、信濃国松尾の城主小笠原信嶺が1万石を賜って新城主となったが、慶長17年(1612)その嗣子信之の代に古河城に移封され、本庄城は廃された。
元禄13年(1700)の城跡検地帳には三町四反五畝二九歩(約3.4ヘクタール)と記されている。その区域は、現在の本庄簡易裁判所から八坂神社にかけての地域で、北側は元小山川が流れ、南東は久城堀で切断された自然の要害であった。
なお、小笠原信嶺夫婦の墓は、開善寺にあり、本庄城跡は昭和33年本庄市指定の文化財となっている。

(現地説明板参照)



場所は本庄市役所から、東側の八坂神社にかけての一帯です。取り合えず市役所を目指せばいいのでわかりやすい。本庄氏時代の本庄城は軍事的な城の役割の方が強かったが、小笠原氏が築いた本庄城は役所としての役割の方が強かったと見られているようです。その跡地に、現代の役所が立っています。


市役所駐車場に駐車し城山稲荷神社方面に進もうとしましたが、フェンスがあって直進ができません。



KDの城館探訪記

とりあえず市役所の北側に降りてみました。

平地の城と思いきや、川に面した側は少なからず段差があります。




KDの城館探訪記

元小山川沿いを歩く。川に面した要害地形であることを確認。




KDの城館探訪記

城山稲荷神社(裏側から侵入)。

立派なケヤキの木があります。樹齢およそ400年、弘治二年(1556)本庄実忠によって本庄城築城のとき献木されたと伝えられている。




KDの城館探訪記

引いて撮影したが、収まりきらず。
境内には石碑や稲荷神社説明板もあり、ここよりさらに東側は城下公園として整備されています。
また城域の先端と思われる八坂神社周辺には、堀切跡と思われる切り通し状の通路もあります。




KDの城館探訪記

稲荷神社参道には本庄城の説明板もあります。

ここと市役所の間の土地は個人所有なのでしょうか、写真のようなフェンスがぐるりと取り囲んでいます。

ちなみに土塁跡らしきもフェンス内には確認できました。本丸土塁らしいです。




KDの城館探訪記

最後に見つけた城址碑。

神社南側入り口にあります。



============================================

登城日:2010年3月20日  所在:埼玉県本庄市本庄3丁目

評価:★☆


目立つ遺構はありませんが、注意深く歩き回るとどころどころにお城があった形跡をうかがい知ることができます。しかし、市指定の史跡になっている割には見どころが少ないのも事実ではあります。

フェンス内の土塁、どうなっちゃうのかなあ。

============================================


関連記事

コメント

1. さすが


僕は、石碑で満足して小幡氏のお墓等の本庄市の史跡巡りに向かいました。
今では、石碑周りを歩くようになりましたが、当時は、遺構を探しと言う発想がありませんでした。

2. 私有地ですか…。


それはちょっと心配ですね。

でも残っているだけマシなのかもしれませんね。

3. Re:さすが


>かすさん

自分は今でもマイナーな城館の場合は碑や標柱を探し出すのが最優先で、遺構確認はそのついでみたいなものですから・・・(;^_^A

武将のお墓など、広く史跡巡りをしているかすさんの方が正しい姿勢だと感じます。

4. Re:私有地ですか…。


>syunpatsuryoku1号さん

現在まで残っているのだから、破壊しようとしている感じはなさそうです。ただ保護しているという感じでもありませんが・・・

フェンスの外から見学することはできますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: