FC2ブログ

記事一覧

西別府館 ~別府氏、西の居館~

別府城の西側、西別府地内にあったのが西別府館です。別府城の説明板にあった内容の再掲ですが、成田助高の二男である次郎行隆が平安時代末期に別府を本拠とし、その子二郎行助が西別府に居を構えます。行助は西別府氏を名乗り、5代頼重までこの館にあったといいます。

場所はとってもわかりずらいです。r276より西側で、別府城の前の道から進んでいくと一本北側の路地に入る必要があります。まあ、捜索範囲は広くないのでうろうろしてみてください(笑)



KDの城館探訪記

向かう途中にあった「別府氏墓」の標柱。安楽寺にあたります。

西別府館はここからさらに西側です。




KDの城館探訪記

軽く道に迷った挙句、発見した石碑。

小さな祠のほかは何もありません。大系では土塁が残るとありますが、消滅してしまったようです。



============================================

登城日:2010年3月20日  所在:埼玉県熊谷市西別府

評価:


遺構は何もありませんが、立派な石碑が建っていたので自分的にはこれでOK。

道に迷うことも、探索の楽しみの一つであると感じています。

============================================


関連記事

コメント

1. 道に迷う事も


一つの楽しみとは…。
達観されていますね。

私なんて、焦って焦ってしょうがないのですが(--;

2. Re:道に迷う事も


>syunpatsuryoku1号さん

いつもコメントありがとうございます。

無名な城の場合、目的地にたどり着く過程も、城めぐりの楽しさの一つのように感じます。

自分の車にはナビがないので、だいたいの場所に近づいたらあとは勘が頼りです。(^-^)

3. 行けなかった・・・


8月26日に安楽寺に行きましたが、予定があり石柱を発見するのを諦めて帰宅しました・・・

4. Re:行けなかった・・・


>かすさん

自分は探索当日には発見できず、後日碑があることを知りそれを撮るために再度攻城したということが何度かあります。
もちろんその際は新規の登城も含めたついでとして、ですけれどね。

何度でもリベンジはできますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

プロフィール

KD

Author: KD
由緒ある建造物、急峻な山城、遺構の残っていない平地城館、考証無視の模擬天守、すべて等しく探訪対象。一番好きな瞬間は超マイナーな城館で城址碑や標柱を見つけたとき。
© 2010 城館探訪記

フリーエリア

Twitter

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: